魔物が強くなりすぎた世界 第1話

https://www.sirolog.com

魔物が強くなりすぎた世界

魔物が強くなりすぎた世界 第1話

更新日:

魔物が強くなりすぎた世界 第1話

魔王が人間界を征服して10年が過ぎようとしていた。

勇者はじめ、人間界が誇る多数の強力な戦力は早々に敗れ去り、

結界に守られたいくつかの都市だけが今も存続し、残された人々は、そこで細々と生きている。

 

そんな生き残った人々は、大きくわけて二種類に分類される。

世界に絶望し、全てを諦め生きている者・・・

反撃のチャンスを狙い、日々鍛錬を続ける者・・・

 

もっとも、後者は少数派も少数派・・・大多数の人間が今のこの状況を受け入れ、

希望を持つ事無く日々を生きている。

 

俺はそんな生き方はごめんだ。

世界を救おうだなんて大それた事は思わないが、

このままやられっぱなしで人生を終えるなんてのは絶対に嫌だ。

 

「強くなって・・・必ずオヤジたちの仇をとってやる・・・ッ!!」

「意気込むのは結構だが、そんな調子じゃ何年先になるかわからんぞライル」

 

「わかってらい!クソ!一体どうすりゃ出るんだよ俺の”オルマ”はさぁ!

 オッサンの教え方が悪いんじゃねぇのか!?」

 

「オッサン言うなと言ってるだろ!師匠と呼べ師匠と!

 こればっかりはセンスがモノを言うからな。

 出来ない奴は一生出来ん。

 

 お前のオヤジは、まさに天才だった。

 お前の年頃には自在に使いこなしていたというのに・・・

 ハァ・・・本当にお前カインの息子なのかと疑いたくなるな」

 

「あーちくしょう!!

 剣術では合格点なのに、これじゃ外に出る事もできねぇ!」

 

結界の外をうろつく魔物たち・・・

どうやら下級レベルと呼ばれる雑魚ですら、今の俺では歯が立たないらしい。

 

人体に流れる生命エネルギーであるオルマと、魔法力の根源となるマナ・・・

マナを上手く使える人間は魔法使いとして十分戦う力を持てるそうだが、

俺はソッチのセンスがからっきしのようで、残るオルマの方で何とかしようとしているわけだが・・・どういうわけか、こっちもまるで上手くいかないときてる。

 

「何度も言うが、オルマが使えないと敵は倒せない。

 伝説の武具の類ならば、敵に傷を負わせられるだろうが、

 今の俺たちに、そんな強力な武器はない。

 

 オルマで武器を纏い、威力を底上げしなければダメージを与えられないだけでなく

 一発で武器がおしゃかになる。

 それほどまでに敵は硬い。

 

 それに防御面においても、並の防具じゃ、敵の攻撃に対して余りに無力。

 正直紙といっても過言じゃない。

 易々と貫かれて致命傷だ。

 

 攻撃面、防御面においてもオルマ、もしくはマナによる強化は必須。

 故に、これらをマスターできない内は外には出せん!」

 

「わーってるよ・・・!クソ・・・」

 

「ライル・・・お前の身体能力と剣術はオヤジ譲りの良いものを持ってる。

 オルマ抜きならこの都市の中でも1、2を争うレベルだ。

 そこは自信を持っていい」

 

「人間に勝ててもしょうがねぇよ・・・

 俺が倒したいのは魔物なんだからさ」

そもそも、本当に俺の今の実力は敵に通用しないのか?

師匠が大げさに言ってるだけなんじゃないのか?

 

「一度やってみっか・・・」

「さぁ休憩は終わりだ!さぁ修行の続きだ!」

 

「へいへい・・・」

 

・・・・

・・

 

その夜・・・

 

さすがに昼間っから外には出れないからな。

見張りもいるし。

でも、夜なら大丈夫だ。

 

都市を囲う壁・・・東西南北に扉があり、その扉を出て10mほどで結界は終わる。

昼間こそ門番がいて出入を監視しているが、夜間は監視もゆるい。

 

よく判らないが、いつの頃からか夜の方が魔物が辺りから消えるそうなんだ。

以前は逆に夜の方が魔物が活発になっていたんだがな・・・

 

ともかく、そういう理由から昼間より夜間の方が魔物に対する警戒心が緩んでいる。

今なら外にも簡単に出られそうだ。


 


次のページへ >

オススメ記事

-魔物が強くなりすぎた世界

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.