ブルーロック ネタバレ感想 131話/日本代表に勝つための切り札とは!?

https://www.sirolog.com

ネタバレ感想記事について

ブルーロックネタバレ

ブルーロック ネタバレ感想 131話/日本代表に勝つための切り札とは!?

投稿日:2021年5月19日 更新日:

教えられた感情!!爆発!!



このままいけば青い監獄は敗北・・・

青い監獄という組織は潰され・・・終わる。

日本サッカーを変えるのは青い監獄ではなく、糸師冴と士道龍聖になってしまうのか・・・

 

一方、青い監獄のベンチサイドもアンリが絵心に対策プランを聞いていたが

絵心の答えは”無計画”・・・ノープラン・・・

 

打つ手なしって、あまりにも無責任やろ!

と、そこに潔が駆け寄ってきて絵心に勝つ方法を尋ねる。

 

このまま終わりたくない・・・勝つために俺達はどうすればいいのか。

すでに全てを出し切ってる状態だが、あと一歩届かない。

FLOWに入ればいい事は、理屈では分かっていても、そう簡単に至れない。

 

もはや絵心のアドバイスに頼るほかないのだ。

そんな絵心の答えは意外なモノだった。

お前達は、すでに勝ってる・・・

そう語る絵心。

 

前半の圧勝・・・士道龍聖の躍動、ここまでは完璧に絵心の台本通りだという。

このまま青い監獄が負ければ、青い監獄は消滅し、

絵心は日本サッカー界から永久追放されるだろうが、選手たちは違うという。

 

天才・糸師冴に見初められた士道龍聖は日本サッカーの中心王道に立ち、

その次のエースとして糸師凛もU-20日本代表に入る。

青い監獄のメンバーも有名大学や国内リーグなど、多方面から声がかかり、

道が開けると、絵心は語る。

 

それだけのパフォーマンスをすでにお前達したのだと。

”青い監獄”にいた事は将来かならずアドバンテージとなる・・・

自分が消えてもお前達はこれから先の日本サッカーを変えていくのだと。

 

だから胸を張れ、お前達はもう勝っている。

そう締めくくった絵心。

 

これに対し、潔はブチギレ!

そんなものは知らないし、どうでもいいと。

日本サッカーの未来とか、これからの保証とか・・・

そんな事は関係ないのだと。

 

俺たち青い監獄は、”今”この目の前の試合に勝ちたいのだ。

次なんていらない・・・!!

負ける事は死ぬことなのだと!!

 

青い監獄はまだ死んでいない・・・

世界一以外はいらない!!

 

この圧倒的なエゴは、絵心が教えた感情だ。

だからこそ責任を持って勝たせろと、尋常ならざる滾りを見せる潔。

 

すると絵心は、ここから先は絵心自身予想が出来ない未曾有のプラン!

その計画に必要不可欠な切り札をついに切る!!

 

キング・・・馬狼照英・・・!!

ついに戦場に立つ!!

 

次回に続く・・・!!

 

ブルーロック 131話/感想

いよいよ王様の登場か、展開としてはかなり熱いな。

すでに滾りまくってる王様・・・こりゃゲームが劇的に変わりそうな予感だな。

士道を止めつつ、青い監獄の面々もFLOWに至れば、まだ全然勝てるゲーム!

 

こっからが面白くなってくるはず!!

 

ブルーロック/関連記事

◇前回

ブルーロック ネタバレ感想 130話/士道龍聖大爆発!!世界がその名を刻む時!!
ブルーロック ネタバレ感想 130話/士道龍聖大爆発!!世界がその名を刻む時!!

ブルーロック ネタバレ感想 13 ...

続きを見る

 

◇次回

ブルーロック ネタバレ感想 132話/独裁の王・馬狼照英、戦場に混沌を生む
ブルーロック ネタバレ感想 132話/独裁の王・馬狼照英、戦場に混沌を生む

ブルーロック ネタバレ感想 13 ...

続きを見る

 

◇まとめ

 

スポンサードリンク

オススメ記事

-ブルーロックネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.