【ネタバレ】バキ道 93話 「超中学生」田沼浸こと横綱・零鵬!最強の一角!

https://www.sirolog.com

バキ道ネタバレ感想

【ネタバレ】バキ道 93話 「超中学生」田沼浸こと横綱・零鵬!最強の一角!

更新日:

バキ道 ネタバレ感想 93話 「超中学生」

バキ道 93話 ネタバレ感想!

2021年5月6日(木)発売の週刊少年チャンピオン23号掲載!

 

いよいよ野見宿禰VS横綱・零鵬の最終決戦がはじまる!

姿を消していた宿禰は十二分にアップを済ませ、万全な状態なのか!?

対する横綱・零鵬は余裕を見せ付けるのか!?

 

■前回 第92話 「刃牙VS炎 決着」はこちら

【ネタバレ】バキ道 92話 「刃牙VS炎 決着」
【ネタバレ】バキ道 92話 「刃牙VS炎 決着」

バキ道 ネタバレ感想 92話 「刃牙VS炎 決着」 バキ道 92話 ネタバレ感想! 2021年4月22日(木)発売の週刊少年チャンピオン21+22号掲載!   刃牙VS炎 決着ッッ! 王者刃牙の一瞬の ...

続きを見る

 

93話のネタバレ前半

また一つ黒星を重ねてしまった大相撲陣営・・・

白星をあげたのは四陣の獅子丸のみ・・・

残る試合は大将戦のみ。

 

つまり団体戦としての敗北は決定しているわけだ。

理事長はこの現実を受け止め、大相撲の最強伝説は今、地に堕ちたと傷だらけの力士たちの前で語った。

 

誰一人、言い返す事が出来ない中、もういいでしょう・・・と、横綱・横綱・零鵬が現れる。

皆はよくやったと語りだす零鵬。

 

不慣れなルール、不慣れな試合、そして・・・

相手は、あの恐るべき”力士”たち・・・

 

それらを鑑みれば、十分にやったと。

観客たちの中の一体誰が大相撲を弱いと思うかと、横綱・零鵬は問う。

 

まぁ・・・確かにそれはそうなんだがね。

横綱・零鵬の言葉は、ある意味叱責されるよりもプライドを抉る気もするけどね。

そんな零鵬は、理事長に対し、俺が残ってると・・・横綱が残ってれば、

『大相撲』の敗けにはならないと・・・

負け惜しみじみたセリフを吐く零鵬。

 

まぁ実際、大将戦で大相撲が勝てば世間の認識として、

『やっぱ大相撲つぇぇ』ってなるのは間違いないか・・・。

 

逆にここで零鵬が負けた時こそ、大相撲の地位は地に堕ちるという事だね。

理事長はじめ、この場にいる力士たち全員、誰一人として零鵬の負けを心配はしていないようだが。

 

横綱・零鵬は大相撲史において最高傑作と言われる程の実力者のようだ。

そんな零鵬伝説の始まりは15年前の夏から始まる・・・


 


次のページへ >

オススメ記事

-バキ道ネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.