【ネタバレ】弱虫ペダル 636話 「あの日の3人」

https://www.sirolog.com

弱虫ペダルネタバレ感想

【ネタバレ】弱虫ペダル 636話 「あの日の3人」

更新日:

弱虫ペダル ネタバレ感想 636話 「あの日の3人」

弱虫ペダル 636話 ネタバレ感想・考察!

2021年4月22日(木)発売の週刊少年チャンピオン21+22号掲載です。

 

ついに三校のキャプテンが出揃い、ついでに呉南のキャプテンも判明する中、

それぞれの新体制で部が動き出す・・・!!

全ては次のインターハイで優勝するために!!新世代の各校がどういう動きをするか・・・目が離せない!!

 

■前回 弱虫ペダル 635話 「カリスマ」はこちら

【ネタバレ】弱虫ペダル 635話 「カリスマ」
【ネタバレ】弱虫ペダル 635話 「カリスマ」

弱虫ペダル ネタバレ感想 635話 「カリスマ」 弱虫ペダル 635話 ネタバレ感想・考察! 2021年4月15日(木)発売の週刊少年チャンピオン20号掲載です。   まさかの御堂筋キャプテン宣言・・ ...

続きを見る

 

636話のネタバレ前半

御堂筋がキャプテンになったと知った坂道。

あの時・・・去年の富士で戦った小野田坂道・真波山岳・御堂筋翔の三人が、

それぞれキャプテンに就任・・・運命を感じずにはいられなかった。

 

部室の外に佇み、一人夜空を眺めながら、あの時の記憶を思い返す坂道。

一方、部室では御堂筋をよく知らない鏑木に鳴子と今泉がどんな人間かを教えていた。

 

二人の御堂筋の印象は、話の通じない奴ではあるが、常に勝利を意識し、

どんなギリギリの手を使ってでも限界まで闘う男・・・間違ってはいないか。

 

御堂筋がキャプテンになったことに対する坂道の思い・・・

真波がキャプテンになった時に感じたドキドキ以上のドキドキを感じているようだ。

 

また三人で次のインターハイを走る事を夢見て今から胸の高鳴りを止められない坂道。

相変わらずの純粋さ・・・勝敗云々よりも、まずは三人で走りたい・・・

そういう純粋な思いが坂道らしいな。

 

そんな坂道が急に誰かに電話をかけ始めた。

その様子を部室からこっそり覗き見する今泉と鳴子と鏑木の三人。

逐一鳴子が実況を挟み、ソレに対する今泉のツッコミがうるさいw

 

鳴子の読みでは、母親に電話をかけているとのことだが・・・

実際はとんでもない相手に電話をしていた。

 

坂道が緊張しまくる相手・・・

出るかどうかもわからない・・・その相手とは・・・

 

そう・・・御堂筋翔である。

 

実は今年の夏、鳴子が強引に御堂筋の電話番号をGET!

その際、坂道の番号も鳴子が勝手に御堂筋に伝えていたらしい。

果たして坂道のコールに御堂筋は出るのか!?


 


次のページへ >

オススメ記事

-弱虫ペダルネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.