呪術廻戦 ネタバレ感想 146話/死滅回游のルール確認!そして動き出す泳者!

https://www.sirolog.com

呪術廻戦ネタバレ

呪術廻戦 ネタバレ感想 146話/死滅回游のルール確認!そして動き出す泳者!

更新日:

呪術廻戦 ネタバレ感想 146話 「死滅回游について」

呪術廻戦 146話 ネタバレ感想!

2021年4月19日(月)発売の週刊少年ジャンプ20号掲載!

 

あらゆる術式を消滅できる術式を持つ死滅回游泳者・来栖華・・・

五条悟解放の鍵を握る天使・・・果たして一筋縄にいくのか!?

死滅回游を理解し、いざゲーム参加へ・・・!!

 

■前回 第145話 「裏」はこちら

呪術廻戦 ネタバレ感想 145話/完全に人類補完計画と話題!
呪術廻戦 ネタバレ感想 145話/完全に人類補完計画と話題!

呪術廻戦 ネタバレ感想 145話 「裏」 呪術廻戦 145話 ネタバレ感想! 2021年4月12日(月)発売の週刊少年ジャンプ19号掲載!   皆の前に姿を見せた天元様・・・!? すべてを知る存在は死 ...

続きを見る

 

ルールのおさらい

術式を消滅させるという術式を持つ”天使”の存在を教えてくれた天元様。

天使の協力さえとりつければ、獄門彊・裏から五条悟を救うことができる。

 

その天使・来栖華は現在、東京の東側の結界(コロニー)にいるようだ。

ただ・・・死滅回游の結界は天元様を拒絶しているため、

それ以上の情報はつかめないそうだ。

 

天元様は日本全国を繋ぐ10の結界を日本地図を示しながら説明する。

青森・岩手・宮城・千葉・東京・愛知・京都・大阪・広島・鹿児島・・・か。

 

この10の結界が、日本の人間を彼岸へ渡す境界を結ぶ結界と繋がってるようだな。

北海道が含まれていないのは、すでに呪術連の結界により、慣らしが済んでいるため

除外されたようだ。

 

彼岸へ渡す・・・

そう聞くと仰々しくはあるが、日本にいる人間に呪いをかけ、

同化の前準備をしているだけだと天元様はいう。

 

そして、この儀式が終わるまで死滅回游次第ではあるものの、2ヶ月もあれば済むという。

それでは死滅回游のルールについておさらいをしよう。

1.泳者(プレイヤー)は術式覚醒後、十九日以内に任意の結界(コロニー)にて

  死滅回游への参加を宣誓しなければならない。

 

今が11月9日の午前9時。

そして、泳者の術師が覚醒したのは10月31日24時頃・・・

津美紀が死滅回游に参加するまでの猶予はざっと10日と15時間というわけか。

 

2.前項に違反した泳者からは術式が剥奪する。

 

術式が剥奪されるだけ・・・と、軽んじていたが、

実際これは泳者の死を意味するという。

 

 家入硝子いわく、術式の剥奪は『無為転変』で行われるものではないという見解。

”使用禁止”ではなく”剥奪”であることから”縛り”にも該当しない。

となると、脳に無理矢理なにかしらの作用が起きると推定。

 

ルール的にも剥奪されると、死ぬと予想されるようだ。

そうでなければ、皆、当然参加拒否するわけだからね。

天元様も死ぬだろうとの見解。

 

だが、逆に真希のような人間や、術式を持ってない術師はノーリスクとなるわけだ。

 

3.非泳者は結界に侵入した時点で泳者となり

  死滅回游への参加を宣誓したものと見做す。

 

虎杖が疑問に思ったのは、最初から結界内にいる一般人はどうなるのか?

天元様の見立てでは、少なくとも1度は外に出る機会が与えられるという。

ルールに一つも結界の出入りに関する条項がないのが根拠の一つ。

 

泳者に始めに『結界から出る』という明確な目的を与えて、回遊を活性化させるのが

狙いなのだろうと天元様は語った。

泳者を閉じ込めるには泳者が”自ら望んで入った”という前提が重要なためらしい。


 


次のページへ >

オススメ記事

-呪術廻戦ネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.