【ネタバレ】弱虫ペダル 635話 「カリスマ」

https://www.sirolog.com

弱虫ペダルネタバレ感想

【ネタバレ】弱虫ペダル 635話 「カリスマ」

更新日:

弱虫ペダル ネタバレ感想 635話 「カリスマ」

弱虫ペダル 635話 ネタバレ感想・考察!

2021年4月15日(木)発売の週刊少年チャンピオン20号掲載です。

 

まさかの御堂筋キャプテン宣言・・・!!

これで総北・箱根学園・京都伏見の三キャプテンが出揃った・・・!!

まさか因縁の三人がキャプテンになるとは・・・三年目のインハイが今から楽しみだ!

 

■前回 弱虫ペダル 634話 「御堂筋と道」はこちら

【ネタバレ】弱虫ペダル 634話 「御堂筋と道」
【ネタバレ】弱虫ペダル 634話 「御堂筋と道」

弱虫ペダル ネタバレ感想 634話 「御堂筋と道」 弱虫ペダル 634話 ネタバレ感想・考察! 2021年4月8日(木)発売の週刊少年チャンピオン19号掲載です。   総北や箱根学園など、それぞれの学 ...

続きを見る

 

635話のネタバレ前半

京伏自転車競技部では、突如舞い戻った御堂筋がキャプテンに立候補・・・!

いくらなんでもこの横暴は許されないかと思われたが、

予想外の反応が巻き起こる。

 

なんと、1年や2年のほとんどが、御堂筋新キャプテンに賛同したのだ。

巻き起こる拍手喝采・・・皆、御堂筋がキャプテンなら納得といった雰囲気だ。

 

これに異を唱えようとする水田だったが、もはや言っても無駄だとトーンダウン。

一方で諦め切れないのが船津と木利屋である。

 

一瞬ではあれキャプテンを任命された二人は食い下がるが、

御堂筋がああ宣言した上、周りが賛同している以上、

これをひっくり返すだけの実力も人徳も、二人は持ち合わせてはいなかったw

 

まぁ・・・ドンマイ。

そんな中、一人驚愕至極の男・山口。

御堂筋の格の違いを目の当たりにして驚きで言葉にならない様子。

 

確かに一瞬にして場の空気を掌握し、たった一言で1年と2年の心を掴んだのは

流石といわざるを得ないか。

 

去年、唐突に現れた御堂筋・・・

それまでの京都伏見自転車競技部を一変させた”災いの男”・・・

 

だが、その事を知らない現1年生にとって御堂筋は、実力を伴うリーダーシップ溢れる尊敬すべき先輩。

そんな人間がキャプテンとして名乗りをあげた。

 

巻き起こる拍手喝采は、まさに期待の現われ・・・!

 

比類なき統率力、圧倒的な実力、指導力・・・

完璧なまでの策略に実行性・・・

そして、何より圧倒的なカリスマ性!!

 

新キャプテン御堂筋翔の新体制・・・

それは暴君と、それに付き従う兵隊の・・・まさに御堂筋軍がなされるというのか。

 

今までは御堂筋に対し、反発心を持つ人間が多いが故、御堂筋が一人で戦う場面が多かった。

だが、ここまで御堂筋に心酔した兵士たちであれば・・・

今までにない強い京都伏見・・・

 

今までで一番インターハイ総合優勝に近いチームになる可能性を秘めているのではないか!?

山口はそんな事を考え、身震いしていた。


 


次のページへ >

オススメ記事

-弱虫ペダルネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.