呪術廻戦 ネタバレ感想 145話/完全に人類補完計画と話題!

https://www.sirolog.com

呪術廻戦ネタバレ

呪術廻戦 ネタバレ感想 145話/完全に人類補完計画と話題!

更新日:

呪術廻戦 ネタバレ感想 145話 「裏」

呪術廻戦 145話 ネタバレ感想!

2021年4月12日(月)発売の週刊少年ジャンプ19号掲載!

 

皆の前に姿を見せた天元様・・・!?

すべてを知る存在は死滅回游について何を語る!?

そして・・・五条悟を救う事はできるのか!?

 

■前回 第144話 「あの場所」はこちら

呪術廻戦 ネタバレ感想 144話/釘崎野薔薇死亡確定!真希先輩生存!!
呪術廻戦 ネタバレ感想 144話/釘崎野薔薇死亡確定!真希先輩生存!!

呪術廻戦 ネタバレ感想 144話 「あの場所」 呪術廻戦 144話 ネタバレ感想! 2021年3月29日(月)発売の週刊少年ジャンプ17号掲載!   生かされた虎杖は伏黒たちと共に死滅回游に巻き込まれ ...

続きを見る

 

天元様の解説

皆の前に姿を現した四つ目の異様なる存在・・・

彼が天元様で間違いないようだ。

 

唯一初対面ではない九十九由基が質問する。

なぜ薨星宮を閉じたのかと。

 

すると天元様は、九十九由基が羂索(けんじゃく)に同調しているのを

警戒してのことだと答えた。

天元様とはいえ、人の心は分らないためのようだ。

 

ちなみに羂索とは、かつての加茂憲倫の事であり、偽夏油の事である。

そんな話の最中に虎杖が質問を投げかける。

 

何故、そんな姿なのかと。

質問のタイミングもだが、結構失礼な事を素で聞く虎杖に、

若干ドン引きの伏黒w

 

天元様は、不死であっても不老ではないと、500年も老いればこうなると、

怒るでもなく笑って答えた。

実にユーモラスなお方である。

 

11年前に星漿体・天内理子との同化に失敗してから天元様の老化は加速し、

個としての自我は消え、天地そのものが自我となったようだ。

ここでようやく本題に。

羂索の目的と獄門彊の解き方を知る為にここに来た以上、

その答えをまずは知りたい所。

 

天元様は、答える事はやぶさかではないようだが、条件を一つだす。

九十九由基・乙骨憂太・脹相の3人のうち、2人はここに残り、

護衛をしてもらうのが、質問に答える条件。

 

不死なのに護衛が必要なのか?

封印を危惧しての事なのか?

護衛の期間は?

理由は?

 

いくつもの疑問が沸く中、まずは羂索について詳しく語ってくれるようだ。

羂索の目的・・・それは日本全土を対象とした人類への進化の強制・・・

その手段として、人類と天元様の同化を目論んでいるらしい。

 

ちなみに羂索が真人を取り込んだ際、天元様の結界を利用し『無為転変』で

日本にいる人間を全員術師にしなかったのは、単純に呪力不足と天元様は説明した。

 

その解決策が人類と天元様の同化というわけだ。

だが、気になるのは、天元様と同化できるのは星漿体だけではなかったのかという事だ。

確かに以前の天元様なら無理だったようだが、11年前に進化を始めた今の天元様なら

それも可能というわけだ。

 

しかし、だとしても天元様は1人なのでは?

どうやって日本の全人口と同化するつもりなのか。

 

どうやら進化した天元様は天地そのものが自我をもっているようで、

今こうやって虎杖たちに語りかけているモノも天元様であって天元様ではないそうだ。

 

そんな天元様と同化した人間は、術師という壁すら超え、

そこにいてそこにいない新しい存在の形になるそうだ。

 

天元様は結界術があったため、進化後も形と理性を保てているという。

だが、人類が進化し、その内の一人でも暴走を始めたら世界は終わると天元様は語った。

 

それは個としての境界がないため。

悪意の伝播は一瞬で行われ、一億人分の穢れが世界に流れ出るそうだ。

つまり東京で行われたあれが、世界規模で起こるというわけだ。

 

なるほど。確かに世界の終わりだな。

ちなみに、何故羂索がそんな事をするのかについては不明のようだ。

先述したとおり、天元様といえど、人の心は分からない。


 


次のページへ >

オススメ記事

-呪術廻戦ネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.