【ネタバレ】バキ道 90話 「速さ比較べ」

https://www.sirolog.com

バキ道ネタバレ感想

【ネタバレ】バキ道 90話 「速さ比較べ」

更新日:

バキ道 ネタバレ感想 90話 「速さ比較べ」

バキ道 90話 ネタバレ感想!

2021年4月1日(木)発売の週刊少年チャンピオン18号掲載!

 

炎の渾身の投げを食らい、後頭部を激しく打ち付けられた刃牙!!

脳震盪を起こしているのか、意識がトンでいる!?

まさか、これで決着なのか!?

 

■前回 第89話 「予感」はこちら

【ネタバレ】バキ道 89話 「予感」一寸先は闇ッッ!!悪手に次ぐ悪手で刃牙敗北!?
【ネタバレ】バキ道 89話 「予感」一寸先は闇ッッ!!悪手に次ぐ悪手で刃牙敗北!?

バキ道 ネタバレ感想 89話 「予感」 バキ道 89話 ネタバレ感想! 2021年3月18日(木)発売の週刊少年チャンピオン16号掲載!   圧倒的初速からの突進力で炎を押し出す刃牙! これが土俵の上 ...

続きを見る

 

90話のネタバレ前半

刃牙のゴキブリダッシュを受け止めるも、柵まで押しやられた炎が見せたのはバックドロップッッ!!

 

刃牙はもろに後頭部を柵にぶつけられ、壊れた人形のように、その場に沈み込んだ。

厚さ20mmはあろう柵の板をぶち割るほどのダメージを後頭部に受ける・・・

普通なら死んでいてもおかしくないレベルである。

 

どよめく場内・・・沈む刃牙の傍らに立つ炎は、ただただ、その場に立ち尽くすのみ。

とくに追撃らしいこともせず、その場に佇んでいる。

 

この状況に、観客席の達人たちやご老公、金竜山も各々見解を語りだす。

その中でも独歩が語るのは炎の膂力である。

 

炎は小結にありながらも、自身の倍はあろうかという巨漢力士に対し、

真っ向勝負を挑み、さらに寄り切っているのである。

 

ゆうに160kgもある巨体を持ち上げるその背筋は、推定300キロ・・・ッ!! 

刃牙は、その異様なまでの背筋で上ではなく、後方に引っこ抜かれ、そのまま外柵に叩きつけられた。

しかも頭から・・・

 

背筋300キロに加え、炎自身の体重、さらには刃牙の体重も加わると、

その力は500kgにも及ぶ・・・ッッ!!

 

だが、さすがの闘技場常連者か。

刃牙がダウンしたことは疑っていても、これで死んだとは誰一人思っていない異常さw

 

これまで刃牙の戦いを目の当たりにしてきた観客たちにとって、

あれだけのダメージを負っても、ダウンすることはあっても死ぬことは無いと確信しているのか。

 

そして、その予想は間違ってはいなかったようだ。

刃牙は崩れた姿勢のまま、語り始めたではないか。

 

現代の相撲は、追撃をしない・・・故にこうしてのんびり回復できる・・・と。

確かに古代相撲であれば、倒れた傍から頭を踏み抜くくらいの追撃は当然なのかもしれない。

 

かの時代、それはまさに、試合ではなく死合・・・

相手の命の奪い合い・・・

 

刃牙、時代に救われたか。


 


次のページへ >

オススメ記事

-バキ道ネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.