なれの果ての僕ら ネタバレ感想 58話/いろはと由美の目論見成功!窮地に立たされるネズ!

https://www.sirolog.com

なれの果ての僕らネタバレ

なれの果ての僕ら ネタバレ感想 58話/いろはと由美の目論見成功!窮地に立たされるネズ!

更新日:

なれの果ての僕ら ネタバレ感想 58話 「たった一人の反乱」

なれの果ての僕ら 58話 ネタバレ感想!

 

真犯人がいる根拠を叩きつけたネズ!

これで未来が力尽きて死んだ可能性は低くなり、真犯人の存在の信憑性が高まった。

だが、真犯人の手がかりがない以上、捜査の進展は望めない・・・

 

一方で、いろはと由美は外部に知らせるための罠をすでに発動させているのか!?

 

■前回 第57話 「挟み撃ち」はこちら

なれの果ての僕ら ネタバレ感想 57話/ついに明かされる真犯人が存在する根拠!!
なれの果ての僕ら ネタバレ感想 57話/ついに明かされる真犯人が存在する根拠!!

なれの果ての僕ら ネタバレ感想 57話 「挟み撃ち」 なれの果ての僕ら 57話 ネタバレ感想!   屋上では犯人に繋がる手がかりらしい手がかりは見つからなかった。 もっとも、屋上に行った面子の中に犯人 ...

続きを見る

 

誤算

早乙女にとっての誤算・・・

それはネズが真犯人がいると確信に至る情報を握っていたこと。

 

昨夜、水野と早乙女は、何とかネズを止めようと作戦を練っていた。

作戦といっても、未来が死んだのはしょーやんのせいと押し切るというもの。

だが、ネズだけが握っていた情報を知った今、作戦は完全に意味をなさなくなった。

 

これではネズを説得できない。

このままではネズが真犯人を見つけ、殺人を犯してしまう。

 

「おいどうしたお前ら。答えは出たか?

 どうだ?早乙女。

 

 当てがはずれたな。

 さんざん俺に未来を殺した犯人なんていないとほざいていたのに」

 

「くっ・・・そででも俺は・・・っ!

 お前に人殺しをさせたくはない!!」

 

ネズに殺人をさせたくないという心の叫び・・・

しかし、今のネズには響かないようだな。

早乙女は、犯人が本当にいるのであれば、尚更警察に任せるべきだと、

ネズを説得する。

確かにドラマではないのだから素人が探偵気取りで事件を解決できるとは到底思えない。

 

それよりも事情を警察に話し、捜査してもらった方が確実であるのは間違いない。

 

「信用できるか。そんなもの・・・!!」

「えっ」

 

「こんな異常な状況で起きた事件だぞ?

 警察だって捜査するのは困難なはずだ!!

 

 目撃者を探すこともできず・・・犯行動機もわかりづらい・・・

 しかも俺たちは現場の保存もしていない!

 それじゃ未来の死の真相がうやむやにされて終わりかねない・・・

 

 だから俺がやるしか・・・!!」

 

それもまた一理あるか。

確かにこんな状況で、学校という大きな密室で行われた犯行。

目撃者も無いのは確かだし、犯行動機なんてそれこそ探り当てようがない。

 

真犯人すら気づいていない何かしらの痕跡があったとしても、

それに警察が気づけるかどうかも希望的観測でしかない。

 

真犯人が見つからない確立が1%でもあるのであれば、警察に頼ることは出来ないネズの気持ちもわからないではない。


 


次のページへ >

オススメ記事

-なれの果ての僕らネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.