【ネタバレ】バキ道 89話 「予感」一寸先は闇ッッ!!悪手に次ぐ悪手で刃牙敗北!?

https://www.sirolog.com

バキ道ネタバレ感想

【ネタバレ】バキ道 89話 「予感」一寸先は闇ッッ!!悪手に次ぐ悪手で刃牙敗北!?

更新日:

バキ道 ネタバレ感想 89話 「予感」

バキ道 89話 ネタバレ感想!

2021年3月18日(木)発売の週刊少年チャンピオン16号掲載!

 

圧倒的初速からの突進力で炎を押し出す刃牙!

これが土俵の上なら勝負は決まっていたが、ここは闘技場!

耐え抜いた炎が刃牙のズボンを掴んでしまった!まだ勝負はわからないッッ!

 

■前回 第88話 「初速」はこちら

【ネタバレ】バキ道 88話 「初速(ダッシュ)」
【ネタバレ】バキ道 88話 「初速(ダッシュ)」グロ注意ッッ!!

バキ道 ネタバレ感想 88話 「初速(ダッシュ)」 バキ道 88話 ネタバレ感想! 2021年3月11日(木)発売の週刊少年チャンピオン15号掲載!   相撲VSゴキブリダッシュ!! どちらも抜群の突 ...

続きを見る

 

89話のネタバレ前半

刃牙のゴキブリダッシュを真正面から受け止める炎!!

だが、まるで受け止めきれず、その圧倒的突進力で一方的に押されている!!

 

ついには闘技場の壁際まで押し込まれ、炎の両踵が壁についたところで、

ようやく勢いが止まった。

 

闘技場の砂地に残る電車道・・・

小兵とはいえ、力士の力を持ってしても、ここまで押されてしまう突進力は、

流石といえる。

 

これが単純な土俵の上での相撲勝負であるのであれば、刃牙に軍配が上がっていたのだろう。

しかし、ここは闘技場であり、勝負は”古代”相撲である。

 

押したから何だと言うんだい?

 

完全なる密着状態。

炎は刃牙のボクサーパンツの後ろを掴むと、そのまま力いっぱい持ち上げ、

観客席へ向けて放り投げたッ!

 

並の選手ならば、ここで観客席にぶつかり、ダウンもするだろうが、

相手は腐っても地下王者・範馬刃牙である。

空中で回転を加え、見事な両足の着地。

 

勝負に場外判定があるのであれば、これで勝負アリなのだろうが、

当然そんなルールはない。

刃牙の悪手に対し、炎の悪手。

いったい何をもって観客席に投げ飛ばしたのか。

 

まだパフォーマンスを続ける気なのか?

密着状態という千載一遇のチャンス・・・みすみす逃してしまった。

 

そりゃ観客の盛り上がり方は半端ではないだろう。

これほどの演出・・・現場で見ているファンとしては歓喜以外にない。

 

真剣に闘れッ!!

 

まだ互いに探りを入れてる状態とでも言うのか?

不適な笑みを浮かべる王者刃牙。

 

そんな中、炎はただただ衝撃を受けていた。

 

まず、先程のジャブ・・・

踏み出す瞬間さえ見えなかった。

 

そして今の突進・・・

あの体躯にありながら、100kg近い炎を、あっさりと柵まで寄り切った。

 

それすなわち、相撲の勝負ならば決定的な敗北を意味する。

炎もその事実を痛感していた。

 

小結である自分が、ズブの素人・・・

しかも自分よりも遥かに軽い相手に押し負けたという事実。

 

プライドが酷く傷つけられたのは言うまでもない。

とはいえ、これが王者の実力なのだろうという実感も同時に沸いていた。

 

範馬刃牙・・・ッッ!!

まるでライフル弾・・・!!!


 


次のページへ >

オススメ記事

-バキ道ネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.