呪術廻戦 ネタバレ感想 142話/脹相、兄の意地で奮闘!その強さ圧倒的!

https://www.sirolog.com

呪術廻戦ネタバレ

呪術廻戦 ネタバレ感想 142話/脹相、兄の意地で奮闘!その強さ圧倒的!

更新日:

呪術廻戦 ネタバレ感想 142話 「お兄ちゃんの背中」

呪術廻戦 142話 ネタバレ感想!

2021年3月15日(月)発売の週刊少年ジャンプ15号掲載!

 

乙骨に刺された虎杖!絶体絶命の中、嗤う宿儺は何を狙う!?悠仁の運命は!?

一方、禅院直哉に苦戦する脹相は、切り札を使用!

果たして、謎の術式で恐ろしい速さを持つ禅院直哉に勝てるのか!?

 

■前回 第141話 「うしろのしょうめん」はこちら

呪術廻戦 ネタバレ感想 141話/虎杖悠仁再び死亡!?乙骨憂太圧倒的!!
呪術廻戦 ネタバレ感想 141話/虎杖悠仁再び死亡!?乙骨憂太圧倒的!!

呪術廻戦 ネタバレ感想 141話 「うしろのしょうめん」 呪術廻戦 141話 ネタバレ感想! 2021年3月8日(月)発売の週刊少年ジャンプ14号掲載!   圧倒的な強さを持つ乙骨相手に万全じゃない虎 ...

続きを見る

 

赫鱗躍動・載

「兄さ。10人兄弟のな」

「答えになってへんねん。俺は術式と、そのしぶとさのことを聞いてん、ねんっ!!」

 

軽快なフットワークで、上下に軽く飛び跳ねながら、

タイミングを合わせて勢いよく発射する禅院直哉!

 

その圧倒的な速さを目で完全に追う脹相!

先ほどまでは禅院直哉の動きを目で追う事など出来なかった!

どうやら脹相の赫鱗躍動・載という術式による効果のようだ。

 

(合わせてきよった。成程な)

 

脹相は目で動きを追うに留まらず、その動きに合わせ攻撃も放ってきた!

顔面狙いの掌底突き!

 

禅院直哉は、赫鱗躍動を外眼筋に集中させる事で動体視力の底上げを計っているのだと一瞬で分析。

 

さらに、脹相の掌底突きをかわすと共に、カウンターを脹相のドテッ腹に打ち込んだ!

 

「残念、こっちはカウンター前提で動き作っとんのや」

「クソ!!」

脹相の腹から大量の出血!?

どうやら禅院直哉は刃物を使って攻撃したようだ。

 

素手じゃないと術式が使えないというわけではなかったようだな。

にしても、短いドスが武器か。

それでも狙いどころによれば十分相手を殺せる得物。

 

「赤血操術やし、止血はお手のもんやろ。

 止血に気ぃ回しながらどこまで俺とやれるか試してみよか」

 

血を振り払い、ドスを鞘に納める禅院直哉。

 

「用意がいいな」

「内緒やで。ぶっちゃけダサいと思っとんねん。

 術師が得物持ち歩くの。それがないと勝たらへんってことやし

 意外とおんで、同じ考えのやつ」

 

自身の兄らは腰に刀をブラさげてることもあり、それをみっともないと考えているようだ。

 

「嫌いなんだな兄弟が」

「嫌いやね。弟よりデキの悪い兄なんか居る意味ないやろ。

 首括って死んだらええねん」

 

「その兄弟達のおかげで今のオマエがあるのかもしれんぞ」

「は?」


 


次のページへ >

オススメ記事

-呪術廻戦ネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.