ブルーロック ネタバレ感想 122話/U-20日本代表は悪魔の力の解放を決断!

https://www.sirolog.com

ブルーロックネタバレ

ブルーロック ネタバレ感想 122話/U-20日本代表は悪魔の力の解放を決断!

更新日:

ブルーロック ネタバレ感想 122話 「ヘッドライナー」

ブルーロック 122話 ネタバレ感想!

2021年3月10日(水)発売の週刊少年マガジン15号掲載!

 

U-20日本代表の怒涛の攻撃をしのぎ切り、前半2-1とリードを守りきった青い監獄!

だが、楽観はできない・・・

前半残り5分で見せたU-20日本代表の本気・・・糸師冴を中心に組み立てられた連携は脅威と言わざるを得ない!

 

■前回 第121話 「1st HALF」はこちら

ブルーロック ネタバレ感想 121話/火がついたU-20日本代表!青い監獄は凌ぎ切れるか!?
ブルーロック ネタバレ感想 121話/火がついたU-20日本代表!青い監獄は凌ぎ切れるか!?

ブルーロック ネタバレ感想 121話 「1st HALF」 ブルーロック 121話 ネタバレ感想! 2021年3月3日(水)発売の週刊少年マガジン14号掲載!   凛のスーパーゴールでついに逆転した青 ...

続きを見る

 

沸く観客席

前半戦を1-2というリードする形で終えた青い監獄。

実力伯仲である以上、そこまで楽観視はできないものの、

青い監獄の実力は日本代表に十分通用する事が証明された。

 

この結果に何より驚かされたのは観客や実況たちだろう。

彼らは日本代表の圧勝を想定してゲームを見ていただろうからな。

なんせチームには天才・糸師冴がいるのだから。

 

だが、蓋を開けてみれば結果は、互角の勝負。

糸師冴のスーパープレイの数々から、彼の評価が落ちる事はないだろうが、

その天才率いるチームと互角の勝負を繰り広げた青い監獄の評価が爆上がりなのは間違いなさそうだ。

 

さて、今回のこの試合、90分で決着がつかなかった場合、

延長戦もPK戦もなく、引き分けでゲーム終了になるようだ。

 

ここでそれを開示するということは、そういう結末になる感じなのかねぇ。

それはそうと、観客席には青い監獄の親族の面々も応援に駆け付けていたようだ。

潔の両親は息子の活躍とチームのリードに、当然ではあるが、喜びを感じている。

 

一方、蜂楽の母親は、点を決めなかった息子に檄を飛ばす!

真後ろからの檄に思わず振り返る潔の両親。

互いに息子がお世話になってると挨拶を交わす。

 

蜂楽の母親は、息子が楽しそうにサッカーしている姿を初めて見たようで、

それだけで、感動&感謝しかないようだ。

 

そんな二人の親御さんとは毛色が違うのが千切の姉と母親。

この息子にして、この母親と姉か。

 

美人DNAやべぇ!

 

しかも弟LOVEとかw

観客席からのラブコールに千切テレまくりw

おまけにチームメイトにまでイジられる始末w

 

そんな盛り上がる青い監獄応援陣とは対照的に、U-20日本代表はお通夜やぞw


 


次のページへ >

オススメ記事

-ブルーロックネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.