ハリガネサービスACE ネタバレ感想 101話 「lock」

https://www.sirolog.com

ハリガネサービスACEネタバレ感想

ハリガネサービスACE ネタバレ感想 101話 「lock」

更新日:

ハリガネサービスACE ネタバレ感想 101話 「lock」

ハリガネサービスACE 101話 ネタバレ感想!

2021年2月4日(木)発売の週刊少年チャンピオン10号掲載!

 

野々原と大の投入で息を吹き返した豊瀬!

このまま第2セットを制し、最終セットへもつれ込む事は出来るのか!?

 

■前回 第100話「執着」はこちら

ハリガネサービスACE ネタバレ感想 100話 「執着」
ハリガネサービスACE ネタバレ感想 100話 「執着」

ハリガネサービスACE ネタバレ感想 100話 「執着」 ハリガネサービスACE 100話 ネタバレ感想! 2021年1月28日(木)発売の週刊少年チャンピオン9号掲載!   叶瑠偉が自分を取り戻し無 ...

続きを見る

 

101話のネタバレ前半

野々原を囮に使い、下平が見事にスパイクを決めてみせた!

どうやら野々原が大声でアピールする事で存在感を出したことにより、

その分、他のスパイカーへのマークが緩くなったようだな。

 

流れが豊瀬に来ている中、下平のサーブ番・・・!!

ここで決めれば、さらに勢いづくことになるが・・・果たして・・・

 

「一本で切るぞ!!」

 

月聖は、あの古武術の足運びで、とんでもない反応速度を見せる。

そのため、下平のサーブ特有の変化やネットインサーブにも対応されてしまう。

 

これまでのサーブでは通用しないことは明白・・・

そんな中で下平が思いついた事は、月聖のスパイク打法を応用したものだった。

 

下平はパワー系ではないため、スパイクに球威もなく、意表を突くくらいにしか使えなかった。

ところが、月聖のスパイクの打ち方を真似、全身を締めて体重を乗せた時、

今までにない破壊力を生むことが出来た。

 

これをサーブに応用できないかと思い、今まさに試そうとしていた。

軽くボールをトスすると、勢い良くジャンプする!

 

(固まれ)

 

ハリガネ!!

 

打ち方には成功!

格段に球威を増した!!

 

だが、月聖の古武術の走法の速さに勝る事はできず、簡単にレシーブされてしまった。

並の選手が相手ならば、確実に決まっていたところだ。

 

(速いだけじゃ決まんねぇんだよコイツらは)

 

大船、何を偉そうに・・・ッ!!ベンチ風情がよォォォ!!

 

ここで月聖の反撃!

叶瑠偉にトスが上がる!

 

今度は大に勝負にいくつもりか。

 

相変わらずの無意識の打ち!!

果たして決まるのか!?


 


次のページへ >

オススメ記事

-ハリガネサービスACEネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.