呪術廻戦 ネタバレ感想 137話/ブチギレ乙骨憂太の標的は、まさかの虎杖悠仁!?

https://www.sirolog.com

呪術廻戦ネタバレ

呪術廻戦 ネタバレ感想 137話/ブチギレ乙骨憂太の標的は、まさかの虎杖悠仁!?

更新日:

呪術廻戦 ネタバレ感想 137話 「堅白」

呪術廻戦 137話 ネタバレ感想!

2021年2月1日(月)発売の週刊少年ジャンプ9号掲載!

 

加茂憲倫が去り際に解き放った呪霊たち!その実力とは!?

満身創痍の虎杖たちは、この危機を潜り抜け、五条悟を救出することはできるのか!?

そして目覚めた伏黒の姉・津美紀はどう動く!?

 

■前回 第136話 「渋谷事変53」はこちら

呪術廻戦 ネタバレ感想 136話/加茂憲倫の描く最悪の未来に向けて動き出す!全ては計画通り!?
呪術廻戦 ネタバレ感想 136話/加茂憲倫の描く最悪の未来に向けて動き出す!全ては計画通り!?

呪術廻戦 ネタバレ感想 136話 「渋谷事変53」 呪術廻戦 136話 ネタバレ感想! 2021年1月25日(月)発売の週刊少年ジャンプ8号掲載!   恐るべし裏梅の実力! 窮地に立たされた虎杖たちを ...

続きを見る

 

混沌と化す東京

東京23区はほぼ壊滅・・・原因は加茂憲倫が解き放った呪霊によるものか。

その数1000万は下らないという。

さらに官房長官含めた総理代理全員が安否不明。

 

指揮系統のトップが総出でいなくなったとなると、

当然だが相当な混乱に陥いる。

 

そして、その混乱は現場や末端に行くほどにより顕著になる。

そんな中でも術師は生存する都民の避難および、避難民の警護にあたる。

 

呪霊相手となると非術師ではどうにもならない故、警察や自衛隊も無力といえば無力か。

そもそも何も知らない彼らと術師が連携等取れるのかもかなり疑問ではあるが。

 

さらに危惧せねばならないのは何も呪霊だけではない。

国のトップが根こそぎ消えた事を他国が知れば、この機に乗じて何を仕掛けてくるかわからない。

侵略戦争の可能性まで出てくる・・・まさにカオスである。

そんな中、荒廃する東京の何処かのコンビニで一人弁当を漁る少女がいた。

その少女を発見した呪霊が、甘い言葉で少女を誘う。

 

明らかにヤバそうな呪霊の誘いに、素直に乗ってしまう少女。

コンビニを出た、すぐ横には本体を隠し、巨大な口を開け少女を飲み込む呪霊の姿があった。

 

少女に声をかけた人型は、この巨大な呪霊の尻尾の部分だったようだ。

あわや少女が食われると思った瞬間!

 

突如上空から刀を持った男が飛んできて、呪霊の頭に刀を突き刺し、これを倒した。

 

「ごめんね、ビックリした?怪我はない?」

 

笑顔でそう尋ねるのは、海外にいたはずの乙骨憂太である。

どうやら東京のこの事態に帰国したようだ。

 

「誰かと一緒?お父さんとかお母さんとか」

「分かんない」

 

「(商業ビルばかりだし、この辺の子じゃないのかな)いっぱい歩いた?」

 

黙って頷く少女。

 

「そっか。頑張ったね」

 

志村後ろ後ろ!!

乙骨を喰おうとする先程の呪霊!

仕留めきれてなかったんかい!

 

が、その呪霊は瞬間的に消し飛んだ。

 

「見えてるんだっけ」

 

少女が呪霊を視認できることから、乙骨は彼女の視線をそらせた。

 

「駄目だよリカちゃん。やりすぎは」

 

先程の呪霊を一瞬で消したのは祈本里香・・・?

乙骨はその凄惨な”跡”を少女に見せないよう、彼女の目を手で覆う。

 

それにしても、祈本里香は成仏したのではなかったのか・・・?

刀と結婚指輪に込められた残り香のようなものなのか・・・?


 


次のページへ >

オススメ記事

-呪術廻戦ネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.