【ネタバレ】バキ道 84話 「小さな巨人」

https://www.sirolog.com

バキ道ネタバレ感想

【ネタバレ】バキ道 84話 「小さな巨人」

更新日:

バキ道 ネタバレ感想 84話 「小さな巨人」

バキ道 84話 ネタバレ感想!

2021年1月28日(木)発売の週刊少年チャンピオン9号掲載!

 

いよいよ王者バキと炎の対決の時!!

その身に秘めた怪力が刃牙相手にどれほど通用するものなのか。

あの刃牙をもってしてもド肝を抜かれるのか!?

 

底知れぬ不気味さ・・・炎の真の実力はいかに!?

 

■前回 第83話 「バキ vs 炎」はこちら

【ネタバレ】バキ道 83話 「バキ vs 炎」
【ネタバレ】バキ道 83話 「バキ vs 炎」

バキ道 ネタバレ感想 83話 「バキ vs 炎」 バキ道 83話 ネタバレ感想! 2021年1月21日(木)発売の週刊少年チャンピオン8号掲載!   克巳は自ら敗北を認め、闘技場を去った。 本人が納得 ...

続きを見る

 

84話のネタバレ前半

範馬刃牙・・・身長168cm、体重76kg・・・

対して小結・炎・・・身長165cm、体重97kg・・・

 

太さこそ違えど、サイズ感的には似たような両者。

両者見合う中・・・共に笑みがこぼれている。

 

審判から試合開始前の警告がなされ、両者元の位置へと移動する。

沸きあがる歓声・・・いよいよ始まるッ!!

 

両者壁際まで移動し、ほぼ同時に振り返り視線が合う。

未だに笑みを浮かべる両者。

 

ドンッ!!

 

試合開始の太鼓が鳴る。

と、同時に両者ゆっくりと歩を前に進める。

 

蹲踞でもなければフットワークもない。

両者ただただ普通に前進している。

 

と、ここで炎が歩みを止めると、腰を落とし、両手をおもむろに構える。

これは蹲踞ではない。

この構え・・・まるでレスラーのような・・・?

 

今大会において、大相撲勢はいずれにおいても、あくまでも相撲のスタイルを崩さなかった。

ここにきてはじめて見せる相撲以外の構え・・・!

やはり炎は、相撲以外の競技もかじってるのでは・・・?

対する刃牙も歩を止め、腰を落とし構える。

 

両者共、レスラーのような構え・・・これは組み技狙いなのか!?

互いに腕を伸ばせば余裕で届く距離・・・

先に仕掛けるのはどっちなんだ!?

 

両者ゆっくりと腕を伸ばし・・・互いの指先が徐々に接近。

そして指同士が触れ合うや否や、手四つ!!

いきなり力比べか!?

 

パワーにおいては炎に分がありそうだが・・・

 

力比べをするかと思うや否や、炎は超スピードで刃牙の背後に回りこんだ。

気付いたときには炎が刃牙の胴をガッチリ両腕でホールドッ!!

 

刃牙全く反応できずッッ!!


 


次のページへ >

オススメ記事

-バキ道ネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.