ブルーロック ネタバレ感想 116話/反撃開始!!

https://www.sirolog.com

漫画感想

ブルーロック ネタバレ感想 116話/反撃開始!!

更新日:

ブルーロック ネタバレ感想 116話 「復讐者」

ブルーロック 116話 ネタバレ感想!

2021年1月27日(水)発売の週刊少年マガジン9号掲載!

 

糸師冴の圧倒的なプレイからの超絶ゴール・・・

この試合は、まさに糸師冴のためにあるかのような・・・

だがしかし!このままタダの引き立て役で終わる青い監獄じゃない!!

 

■前回 第115話 「糸師 冴」はこちら

ブルーロック ネタバレ感想 115話/天才・糸師冴爆発!!
ブルーロック ネタバレ感想 115話/天才・糸師冴爆発!!

ブルーロック ネタバレ感想 115話 「糸師 冴」 ブルーロック 115話 ネタバレ感想! 2021年1月20日(水)発売の週刊少年マガジン8号掲載!   U-20日本代表の鉄壁の防御陣の前に成す術無 ...

続きを見る

 

天才故の傲慢

糸師冴のスーパーゴールに沸く観客と仲間たち。

祝福のタッチに対し糸師冴は・・・

 

「触んなヘボ共」

 

と、手を払った。

糸師冴感じ悪すぎだろw

 

「3回、俺がシュートを狙えたチャンスの数だ」

 

それでも自分を殺し、パスを選択したにも関わらず、エースの閃堂がシュートを決めきれなかった。

糸師冴はその事実に相当な苛立ちを覚えたため、自らゴールを獲りに行ったという。

 

試合前からの閃堂との衝突はヒデェものだったが、シュートを一発外しただけで

『サルでも決めれる決定機を外したゴミ』てwww

いくらなんで言い過ぎだろww

 

だけど、ゴールを決めきれなかったのは事実であり、糸師冴は見事に決めて見せた。

何も言い返すことが出来ないわけだ。

この世界は結果が全て・・・とはいえ、ここまで傍若無人に振舞われると、普通なら仲間割れも辞さないと思うんだが・・・

 

そこはまぁプロ意識ってことなんだろうか。

 

「MFの俺より得点能力低い人間を俺はストライカーとは認めない」

「厳しいね天才ちゃん。そしたら日本に何人いんのよストライカー」

 

と、愛空がツッこむ。

 

「それを確かめるための試合だ。

 次は無いぞサル以下野郎

 

何も言い返せないけどブチギレる閃堂をなだめる愛空。

 

「機会を逃すな」

「ああ愛空。U-20は俺のチームだ」

 

まぁ実質エースとしてこれまでU-20日本代表を引っ張ってきたわけだしな。

今はまぁいいとこなしだけど、ちゃんとやるときゃやるんだろ?

一方、糸師冴の超絶ゴールに圧倒されている青い監獄の面々。

 

U-20日本代表のスタイルは、超守備からの『堅守速攻』

圧倒的守備でボールを奪い、速攻でカウンターに出る。

 

ここに糸師冴を投入することで爆発的に強化されたわけだ。

中盤の糸師凛が前線を活かし、決定機を生み続ける。

 

このスタイルに閃堂を越えるストライカーが揃えば、まさに最強のチームが出来上がるというわけか。

 

そんなチームに対し、攻撃全振りの青い監獄が、果たして通用するのか。

サッカーは結局のところ、どっちが点を多く獲ったかの勝負。

徹底した波状攻撃で点を取り続ければいいわけだし、青い監獄はそれが可能なチームなはず。

 

あとはここから各自の覚醒次第・・・FLOWにたどり着け青い監獄11傑!!


 


次のページへ >

オススメ記事

-漫画感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.