ブルーロック ネタバレ感想 115話/天才・糸師冴爆発!!

https://www.sirolog.com

漫画感想

ブルーロック ネタバレ感想 115話/天才・糸師冴爆発!!

更新日:

ブルーロック ネタバレ感想 115話 「糸師 冴」

ブルーロック 115話 ネタバレ感想!

2021年1月20日(水)発売の週刊少年マガジン8号掲載!

 

U-20日本代表の鉄壁の防御陣の前に成す術無く敗れた青い監獄!

鉄壁の4傑を攻略しない限り、ゴールは見えてこない!

そしていよいよ糸師冴が動く・・・!!

 

■前回 第114話 「カルテット」はこちら

ブルーロック ネタバレ感想 114話/U-20日本代表は伊達じゃない!苦戦必至!!
ブルーロック ネタバレ感想 114話/U-20日本代表は伊達じゃない!苦戦必至!!

ブルーロック ネタバレ感想 114話 「カルテット」 ブルーロック 114話 ネタバレ感想! 2021年1月13日(水)発売の週刊少年マガジン7号掲載!   さっそくU-20日本代表の実力を思い知らさ ...

続きを見る

 

糸師冴の実力!!

ボールが糸師冴に渡り、このまま中央突破をされてしまうのか!?

 

(させるかよ!!)

 

ここで青い監獄一の俊足・千切が糸師冴に挑む!

どうやら青い監獄もカウンターに対する防御策はちゃんと取っていたようだな。

 

蜂楽が攻撃参加時には千切が下がって守備的な対応をとるわけだ。

つまり臨機応変に千切と蜂楽がシフトチェンジして、バランスをとっていると。

千切の圧倒的な速さをもってすれば、いかに天才といえど、そう簡単に抜けはしないだろう。

 

ドッ!

 

「!?」

 

糸師冴は、千切を強引に抜くではなく、一瞬にしてパスに切り替えた。

まだ中盤の位置において前線へのパス。

千切へ考える余裕は一切与えない即決の判断!

 

しかもこのパスは50m以上の低弾道中速ロングフィードという高難易度キック!

 

「素、晴らしい」

 

吸い込まれるようにU-20日本代表FWの超建人にパスが通った。

が、すぐさま蟻生がマークにつける!

 

「俺!が相手だ。マネキン肉マン」

「嫌。キツネ」

 

「!」

 

超は蟻生との1on1を避け、すぐ傍にいたFW・狐里輝にパスを出す!

 

「『時間かけずサクサク前へ』これカウンターの基本♪」

 

だが、当然これも簡単にはフリーにはさせない!

青い監獄11傑・烏旅人がマークにつく!

 

「想定内や。やってみぃちんちくりん」

「想定内?そりゃこっちも同じだよ」

 

トンッ・・・!

 

これまた強引に抜くわけではなく、中央に軽くボールを蹴り出した。

そこに完全フリーの”あの男”が駆けてくる!!

 

(ヤバ・・・!!ゴール前、ミドルレンジで・・・

 糸師冴が自由!!糸師冴から始まり、糸師冴で終わる攻撃の形!!)

 

てか、青い監獄、糸師冴ナメ過ぎてない?なんでフリーにさせてんだよw

 

「(この堅守速攻カウンターがU-20の狙い!!)二子!」

「大丈夫行ってます!」

 

二子が糸師冴に張り付き、シュートコースを塞ぐ!

ボールを取らなくてもいい。

今はただ、1秒を稼ぐことに専念する!!

 

その1秒があれば、千切が戻ってくる!!

 

二子の想定通り、1秒後千切が戻ってきた!

つーか、なんで千切は糸師冴を見失ったんだよ!張り付いとけよ!

 

「ナイス二子・・・」

 

前後で糸師冴を挟み込む形・・・!

1対2ならどうだ・・・!?


 


次のページへ >

オススメ記事

-漫画感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.