なれの果ての僕ら ネタバレ感想 50話/鬼畜の末路

https://www.sirolog.com

なれの果ての僕らネタバレ

なれの果ての僕ら ネタバレ感想 50話/鬼畜の末路

更新日:

なれの果ての僕ら ネタバレ感想 50話 「高慢と偏見」

なれの果ての僕ら 50話 ネタバレ感想!

 

ついに越えてはいけないラインを超えてしまった長谷部。

それを目撃してしまう小紅・・・これも全てみきおの母親の計画通りなのか!?

鬼畜長谷部もこれで一巻の終わりか。

 

■前回 第49話 「恥辱」はこちら

なれの果ての僕ら ネタバレ感想 49話/一線を越える鬼畜長谷部
なれの果ての僕ら ネタバレ感想 49話/一線を越える鬼畜長谷部

なれの果ての僕ら ネタバレ感想 49話 「恥辱」 なれの果ての僕ら 49話 ネタバレ感想!   覚悟を決めた女性陣に圧倒されるゴミ人間長谷部は、豚の一言でふっきれてしまう。 そして鬼畜の毒牙に石井礼夏 ...

続きを見る

 

すれ違う思い

みきおの母親は長谷部が一線を越える瞬間を目にし、笑みを浮かべみきおに感謝した。

この地獄のような惨劇を”素敵な実験”と認識しているところからも、

やはり頭のネジが外れてしまっている。

 

みきおの母は、ひとしきり行為を見た後、ゲームを再開させる。

小紅と溝口に自由を与えると共に、石井礼夏の居場所と共にピンチもそれとなく告げた。

 

それを聞いた小紅は教室を飛び出し、礼夏のいる図工室へ駆け出す。

みきおの実験で礼夏に手をかけたとはいえ、元々は親友・・・

やはり彼女の事が心配でならないようだ。

 

自分自身が過ちを犯したからこそ、なおさらなのかもしれない。

今は後悔しかない小紅だが、これ以上さらに後悔しないためにも、

礼夏の元へ急ぐ!

 

しかし、小紅が到着し、目の前に広がる光景は残酷なものだった。

 

「そんな・・・なんてこと・・・」

 

あまりの事に口を両手で覆う小紅。

裸に剥かれた礼夏が長谷部に犯されていた。

 

「!!」

「小紅・・・」

 

驚きを隠せない小紅の表情を見て、傷ついたのは他でもない礼夏だった。

自分を見る小紅の眼が哀れみに満ちていた。

 

それでは自分が可哀想な人間ではないか。

礼夏は決して認めたくなかった。

自分は弱くない・・・安藤いろはを守るためにその身を捧げた強い人間なのだと。

 

「な・・・何してるんですか!!長谷部さん!!礼夏からはなれて!!」

「来るんじゃねェ!!」

 

この期に及んで長谷部はまだ足掻くか。

礼夏の首を締めだしたではないか。

 

「来たらこいつの首絞めるぞ」

「やめなさいそんなこと・・・みんなを呼びますよ!?」

 

「いいのか?そんなことして。

 今みんなが来たらこいつの恥ずかしい姿晒すことになるぜ?」

「うっ・・・」

 

いや恥ずかしい姿ってお前もやんw

この状況見たら確実に全員からボコボコにされるだろうな。

しかしながらやはり女性である小紅は、礼夏を思いやってそれ以上の行動に出ることが出来ない。

これ以上の辱めを与えることは出来ないか。

だが、このままこう着状態が続いても何も解決しないはず・・・

 

そんな中、長谷部は足先で自身のズボンを取ろうとしている。

どうやらコイツの目的はリモコンのようだな。

それを見た礼夏が渾身の力を振り絞り、長谷部の腹目掛けて膝蹴りを放つ!!

 

「うああああああああ!!」

 

「う゛っ」

 

長谷部がひるんだ隙に礼夏はリモコンを奪取!

これで電流を浴びることはない!

 

そしてすかさず小紅が礼夏の前に立ちはだかり守ろうとする!

同じタイミングで、礼夏の大声を聞きつけ隣の部屋からいろはとデブが駆けつける!


 


次のページへ >

オススメ記事

-なれの果ての僕らネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.