ブルーロック ネタバレ感想 113話/U-20日本代表の実力はいかに!?

https://www.sirolog.com

漫画感想

ブルーロック ネタバレ感想 113話/U-20日本代表の実力はいかに!?

更新日:

ブルーロック ネタバレ感想 113話 「泥棒と警察」

ブルーロック 113話 ネタバレ感想!

2021年1月6日(水)発売の週刊少年マガジン6号掲載!

 

いよいよキックオフ!U-20日本代表VS青い監獄の試合が幕を開けた!

果たして青い監獄11傑の力は通じるのか!?

そして糸師冴の本気を引き出すことができるのか!?

 

■前回 第112話 「大舞台」はこちら

ブルーロック ネタバレ感想 112話/U-20日本代表VS青い監獄ついに開幕!!
ブルーロック ネタバレ感想 112話/U-20日本代表VS青い監獄ついに開幕!!

ブルーロック ネタバレ感想 112話 「大舞台」 ブルーロック 112話 ネタバレ感想! 2020年12月23日(水)発売の週刊少年マガジン4・5号掲載!   FLOWを知り、最終調整を終えたブルーロ ...

続きを見る

 

いける・・・!!

U-20日本代表のスタメンに士道がいないことは想定外だったものの、

どの道やることは変わらない。

 

U-20日本代表をぶっ潰す!!

それだけだ!!

 

凛から潔へパスからゲームスタート。

 

いきなり糸師冴が正面に立ちはだかるも、一対一で勝負するにはリスクが高すぎる。

当初の予定通り、凛と凪のトライアングルフォーメーションでパスをまわし、攻める!

 

青い監獄のフォーメーションは凛を1トップにした4-5-1型。

しかし絵心によれば、これは守備時のフォーメーションだと思えとのこと。

 

攻撃時は中盤の中央を勤める烏が下がり、2バックから3バックに。

一方でサイドバックの蜂楽と千切を中盤に押し上げ、

4-5-1を3-6-1フォーメーションに変化させる。

 

ストライカーのみの人選だからこそ可能な、どこからでも点を狙える可変フォーメーション!!

 

超攻撃型”青い監獄”システム!!

急なフォーメーションチェンジにU-20日本代表も少しばかり驚いてはいるが・・・

動揺している様子は無いな・・・やはり大舞台での場数では彼らが上か。

 

ボールをキープしている潔は、相手が対応してくるまでに、

何とか先制点を決めたいところだ。

 

そこで選んだのがサイドバックから上がってきた蜂楽だった。

 

(いけ”かいぶつ”!!)

 

潔からのパスを受けるが、すぐに立ちふさがるのは楓波留だ。

 

「来るかい坊ちゃん?」

「ようござんすか?」

 

ここで蜂楽お得意のトリックプレイ!

凄まじい速さのダブルタッチフェイント・・・!!

 

だが、楓も伊達にU-20日本代表のDFではない。

フェイントを見極め、来るタイミングで押えにかかる。

 

「!?」

 

が、トップスピードのまま蜂楽はボールに乗っかり回転をはじめた!

 

「いっくぜ!!」

 

空中突進回転(エアラッシュターン)!!

 

楓を簡単に抜いた!!


 


次のページへ >

オススメ記事

-漫画感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.