【ネタバレ】弱虫ペダル 620話 「狙われた獲物」

https://www.sirolog.com

弱虫ペダルネタバレ感想

【ネタバレ】弱虫ペダル 620話 「狙われた獲物」

更新日:

弱虫ペダル ネタバレ感想 620話 「狙われた獲物」

弱虫ペダル 620話 ネタバレ感想・考察!

2020年12月24日(木)発売の週刊少年チャンピオン4+5号掲載です。

 

つづら折り3本勝負の1本目は勝利を収めた鏑木だが、

ここから先、スプリンターの鏑木には辛い登り坂になる・・・!!

逆に高田城のスケーティングダンシングは登りでも有利に機能する!!

 

■前回 弱虫ペダル 619話 「つづらバトルスタート!!」はこちら

【ネタバレ】弱虫ペダル 619話 「つづらバトルスタート!!」
【ネタバレ】弱虫ペダル 619話 「つづらバトルスタート!!」

弱虫ペダル ネタバレ感想 619話 「つづらバトルスタート!!」 弱虫ペダル 619話 ネタバレ感想・考察! 2020年12月10日(木)発売の週刊少年チャンピオン2+3号掲載です。   高田城の挑発 ...

続きを見る

 

620話のネタバレ前半

つづら折り三本勝負で初戦を勝利した鏑木だが、負けたはずの高田城の方が

余裕を見せ、勝ったはずの鏑木がドンドン余裕を失っていく。

 

2本目のつづら折りは斜度が10%に上がる。

スプリンターの鏑木にとってこの斜度アップは不利でしかない一方、

高田城の武器であるスケーティングダンシングは登りに影響はないときている。

 

この状況からも高田城が余裕を持つのは十分理解できるわけだ。

 

リードしているにも関わらず焦りの顔を覗かせる鏑木。

総北はいつも峰ヶ山で練習している事もあり、負けない自負はあるのだろう、

なにより自分は・・・

 

「オールラウンダーなんだろ?

 ちょっとした勾配なんてどうってことないんだよな?」

「うあっく!!」

 

一瞬だ・・・まさに一瞬で鏑木の背後に追いついてきやがった!!

鏑木は加速し、高田城を引き離して一定の距離を保つ。

 

「”いつの間に”って顔をしてるな鏑木一差」

「あ!?し・・・してねーよ!!

 ヨユーだ!こんくらいの斜度!!」

 

鏑木わかりやすすぎるだろww

ここで説明大好き高田城からスケーティングダンシングの解説。

高田城は自転車そのものを、スピードスケートのシューズのブレードに見立てている。

 

スピードスケートの選手が足首を外側にひねり、

ブレードのエッジを効かせ氷を蹴って加速するのと同様に、

スケーティングダンシングも、自転車の車体を振り、

後輪のエッジを効かせて加速するわけだ。

 

それ故に後輪に加重がかかればかかる程に、加速するという理屈か。

 

「言っただろ。

 だからこのダンシングは

 山の方が速いって!!

 

「速っ・・・!!」

 

一瞬にして鏑木に追いつく高田城!


 


次のページへ >

オススメ記事

-弱虫ペダルネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.