あつまれ!ふしぎ研究部 ネタバレ感想 207話 「羽子板のふしぎ」

https://www.sirolog.com

あつまれ!ふしぎ研究部ネタバレ感想

あつまれ!ふしぎ研究部 ネタバレ感想 207話 「羽子板のふしぎ」

更新日:

あつまれ!ふしぎ研究部 ネタバレ感想 207話 「羽子板のふしぎ」

あつまれ!ふしぎ研究部 207話 ネタバレ感想!

2020年12月24日(木)発売の週刊少年チャンピオン4+5号掲載!

 

今回は正月ということで、羽つき回!

果たしてどんな結果になるのやら・・・新年早々、嫌な予感しかしない!

 

■前回 第206話 「聖夜のふしぎ」はこちら

あつまれ!ふしぎ研究部 ネタバレ感想 206話 「聖夜のふしぎ」

あつまれ!ふしぎ研究部 ネタバレ感想 206話 「聖夜のふしぎ」 あつまれ!ふしぎ研究部 206話 ネタバレ感想! 2020年12月10日(木)発売の週刊少年チャンピオン2+3号掲載!   今回の話は ...

続きを見る

 

207話のネタバレ前半

正月早々、千晶と旭先生が羽つき対決。

勝負は千晶に軍配が上がったようだが、当然ただの勝負ではなく、罰ゲームが。

まぁこれも従来からのものに則り、勝った者が負けた人の顔に墨で落書きする。

 

千晶は先生に配慮してか、狐ひげと鼻頭に墨をちょんと・・・

ただただ可愛いではないか。

 

続いて鈴VS和香ちゃん。

 

「どうやら松子羽子板の出番のようだね」

 

やべぇやる気満々だw

てか松子羽子板ってなんだよww

 

和香ちゃんから緩い軌道で羽根が飛んでくる。

これを見事に空振りする鈴。

 

「松子に当てるの可哀そう・・・」

 

何故描いたしww

 

「負けは負けです」

「う・・・」

 

容赦ない和香ちゃんw鈴の顔に落書きするw

続いて和香ちゃんが大祐とことね先輩に勧めてきた。

さすがにことね先輩に落書きするのは気が引けた大祐。

こいつ・・・わざと負けるつもりやな。

 

「打つのことね先輩からでいいですよ」

「大祐君。

 これは大祐君にとって一番大事な物です」

 

ちょwことね先輩w

催眠術かけてきやがったw

 

(ごめんなさい大祐君・・・催眠術をかけさせてもらったわ。

 顔は催眠術師の命・・・落書きされるわけにはいかない・・・!)

 

さっきの鈴を見て、大切な物は打てないと悟ったことね先輩は、

羽根を大祐の一番大事な物と認識させた。

これならばきっと打ち返してこないだろうと!


 


次のページへ >

オススメ記事

-あつまれ!ふしぎ研究部ネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.