【ネタバレ】バキ道 81話 「脳への効かせ」THE・克巳ッ!!

https://www.sirolog.com

バキ道ネタバレ感想

【ネタバレ】バキ道 81話 「脳への効かせ」THE・克巳ッ!!

更新日:

バキ道 ネタバレ感想 81話 「脳への効かせ」

バキ道 81話 ネタバレ感想!

2020年12月24日(木)発売の週刊少年チャンピオン4+5号掲載!

 

油断大敵とはこの事・・・

優勢ムードから一転、致命的な頭突きをもらってしまった克巳!

力士にマウントを取られるという致命的な事態をどう巻き返すのか!?

 

■前回 第80話 「最後の全力」はこちら

【ネタバレ】バキ道 80話 「最後の全力」
【ネタバレ】バキ道 80話 「最後の全力」

バキ道 ネタバレ感想 80話 「最後の全力」 バキ道 80話 ネタバレ感想! 2020年12月10日(木)発売の週刊少年チャンピオン2+3号掲載!   烈の魂を受け継いだ新生克巳は空手と中国拳法を融合 ...

続きを見る

 

81話のネタバレ前半

獅子丸のマウントからの顔面への頭突き・・・

想像もしたくない一撃を前に、いつもの如く解説が入る。

 

格闘技において頭部への打撃は、その占める役割は大きい。

まぁ今更言うまでもないが、頭部には脳が在り、その脳への”効かせ”は、

まさに致命的といってもいい。

 

その”効かせ”だが、大きく分けて2種類に分別される。

”顎”と”コメカミ”だ。

 

いずれにおいても、激しく脳を揺さぶる。

するとどうなるか。

これまた今更ではあるが、一瞬にして意識が飛ぶ。

 

まさにコンセントを抜くが如く、10秒あまりの深い闇が襲うわけだ。

格闘家相手ではなくとも、10秒の無防備は、それこそ殺そうと思えば十分たる時間。

 

これに対し、一方で『頭突き』という手法がある。

合理的ではないにしろ、効果という点では文句なしの代物・・・

 

『生え際』は人体において”最硬”を誇り、かなり鍛えた拳ですら、

まともにぶつかれば確実に粉砕されるほど、硬いのである。

 

話を若干戻すが、獅子丸は、その”最高硬度”を誇る生え際を、

克巳の柔らかい鼻へ・・・勢いよく叩き付けたわけだ。

これはもう”効く”とか、そんなレベルではない。

脳は激しく揺さぶられ、先述の通りならば、意識を失うレベルである。

 

が。

 

これに関しては失神は免れる。

「なんで?話が違うじゃないか」

 

そう思うかもしれないが、明確な理由がある。

それは『痛み』である。

 

顎やコメカミへの衝撃と、鼻への頭突き・・・

痛みのレベルが違う。

 

刃牙だろうが、範馬勇次郎だろうが、例外なく涙が零れる程の激痛が頭部を貫く。

かつて鞭打にやせ我慢で痛がらなかった勇次郎だが、こと、顔面・・・

鼻に対する強打は、我慢とかの話ではなく、普通に涙が零れるとは思われる。

 

人間・・・?である以上は・・・(もはや人間という括りでいいのかは疑問だけどw)


 


次のページへ >

オススメ記事

-バキ道ネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.