なれの果ての僕ら ネタバレ感想 44話/消えた未来・・・一体何処へ?

https://www.sirolog.com

なれの果ての僕らネタバレ

なれの果ての僕ら ネタバレ感想 44話/消えた未来・・・一体何処へ?

更新日:

なれの果ての僕ら ネタバレ感想 44話 「塵よりよみがえり」

なれの果ての僕ら 44話 ネタバレ感想!

 

未来の生存、そしてみきおを殺したかもしれないという衝撃の展開!

しかし、未来の姿がないのは何故なのか?

まだ何かが起きようとしているのか!?

 

■前回 第43話 「月は無慈悲な夜の女王」はこちら

なれの果ての僕ら ネタバレ感想 43話/いろはと鈴子の秘密が明らかに
なれの果ての僕ら ネタバレ感想 43話/いろはと鈴子の秘密が明らかに

なれの果ての僕ら ネタバレ感想 43話 「月は無慈悲な夜の女王」 なれの果ての僕ら 43話 ネタバレ感想!   消えた拳銃に、怪しい動きをする安藤いろはと雨宮鈴子。 黒田は二人から秘密を聞きだすことが ...

続きを見る

 

石井礼夏の暴言

恋人の未来が生きていた事への喜びも束の間、みきおを殺した犯人である可能性が

出てきたことで、ネズはショックを隠しきれずにいた。

 

そこに石井礼夏がバカ笑いと共に、ネズをあおり始めた。

腰抜けのネズの代わりに未来が尻拭いでみきおを殺したと。

 

礼夏はさらに暴論を続け、皆もこの結果を望んでいたのだろうと、まくし立てる。

”違う”とは言い切れない故、誰も反論できない。

 

「でも、可哀想に。

 あいつの白くて綺麗な手が血で汚れちまった」

「あ・・・」

 

「全部あんたのせいだネズ」

「オ・・・レのせいで・・・」

 

とことんまでネズを精神的に追い込んでいく礼夏。

まぁ、確かに本当にみきおを殺したのが未来だとするならば、

自分を責めたくもなるよな・・・ネズは。

 

そんな中、声を荒げたのは他でもない黒田だった。

 

「ふざけんな!!」

「あ?」

 

黒田は、これ以上ネズを責めるのは止めろと王様命令で礼夏の暴言を止めた。

 

「・・・何調子乗ってんだよ三下のくせに・・・」

「石井!!お前は卑怯者だ!

 お前は・・・『被害者』っていう安全地帯に身を置いているから

 そんなにいばっていられるんだ!!」

 

図星を突かれた礼夏。

「そもそもお前はネズを責められるのか!?

 自分がネズと同じことをしないっていう確証はあるのか!?」

 

そう切り出した黒田自身、もう何が正しくて

何が間違っているかなんて解らなくなっていた。

だが、これだけは言える・・・!!

 

”人を殺さなかった事を責めるのは絶対間違ってる”・・・と。

 

これを聞いて尚、牙を剝く礼夏を止めたのは水野だった。

 

「これ以上何か言うなら、もう同情できない」

「だ・・・誰が同情なんか・・・」

 

「黒田、俺もお前に賛成だ」

「水野・・・」

 

男の友情の前に礼夏敗北ッ!!


 


次のページへ >

オススメ記事

-なれの果ての僕らネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.