なれの果ての僕ら ネタバレ感想 42話/みきおの遺体…真犯人は誰なのか

https://www.sirolog.com

なれの果ての僕らネタバレ

なれの果ての僕ら ネタバレ感想 42話/みきおの遺体…真犯人は誰なのか

更新日:

なれの果ての僕ら ネタバレ感想 42話 「長いお別れ」

なれの果ての僕ら 42話 ネタバレ感想!

 

みきおが何者かによって殺害されてしまった。

現状から考えて真犯人は、この実験の参加者の中にいる…!!

果たして誰がみきおを殺した犯人なのか?

 

■前回 第41話 「風と共に去りぬ」はこちら

 

誰が真犯人なのか?

突然のみきおの死に茫然自失の一同。

チャンスを与えられながら最後までみきおを殺さなかったネズを心配する鈴子。

口では大丈夫と言っていたが、ネズの表情は明らかに限界ギリギリといった感じだ。

 

それにしても気になるのは、一体誰が、どうやってみきおを殺したのか。

小紅が見つけた首筋の傷・・・吉川線から絞殺であることは判明したものの、

犯人は不明・・・

 

しかし、この密閉された学内で起きた事件である以上、外部犯は考えにくい。

つまり、この中に犯人がいるということ。

 

皆の空白時間を考えれば犯行は十分に可能。

黒田は皆の行動を確認し合おうと提案するが、それも単独犯の場合でなければ意味はない。

複数犯だった場合口裏を合わせればどうとでもなるからだ。

 

犯人探しに躍起になる中、早乙女が割ってはいる。

そんなものに何の意味があるのかと。

確かに早乙女の言うことにも一理ある。

犯人を見つける理由の一つは、新たな犯行をさせないため。

しかし、それは皆で共に行動すれば、防ぐ事が出来る。

 

故に今一番やらなければならないことは、ここからの脱出だと早乙女は言うのだ。

首謀者であるみきおが死んだ以上、皆で無事に脱出し、犯人探しは警察に任せればいいと。

確かにその通りである。

 

だが問題は、階段に仕掛けられた爆弾である。

下手に動けば罠が発動し、新たな犠牲を生む・・・

まずは解除方法を探さなければならないか。

 

「それも必要ない」

 

早乙女はスマホを使い、外に連絡すればいいというのだ。

確かにみきおが死んだ今、取り上げられていたスマホも使える・・・!

 

が、その希望は一瞬で潰えることに・・・

ネズが皆のスマホを発見するも、粉々に砕かれ使い物にならなくなっていた。

 

黒田の代替案で、屋上から大声で叫ぶ作戦に切り替えることになったが、

今は夜・・・やるなら朝だろうな。

そんな中、水野は何かに引っかかっていた。

 

その重要な何かが出てこない・・・。

一方、いろはと鈴子が隠れてコソコソ何かを話した後、出て行くのを目撃した黒田。

二人は何かを知っているのか?


 


次のページへ >

オススメ記事

-なれの果ての僕らネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.