【ネタバレ】弱虫ペダル 618話 「高田城の挑発!」

https://www.sirolog.com

弱虫ペダルネタバレ感想

【ネタバレ】弱虫ペダル 618話 「高田城の挑発!」

更新日:

弱虫ペダル ネタバレ感想 618話 「高田城の挑発!」

弱虫ペダル 618話 ネタバレ感想・考察!

2020年12月3日(木)発売の週刊少年チャンピオン1号掲載です。

 

イケ高田城の策略にハマり、さっそく分断された鏑木!!

果たして高田城との一騎打ちで勝利することができるのか!?

この状況で坂道はどう動くのか!?

 

■前回 弱虫ペダル 617話 「重さのない武器」はこちら

【ネタバレ】弱虫ペダル 617話 「重さのない武器」
【ネタバレ】弱虫ペダル 617話 「重さのない武器」

弱虫ペダル ネタバレ感想 617話 「重さのない武器」 弱虫ペダル 617話 ネタバレ感想・考察! 2020年11月26日(木)発売の週刊少年チャンピオン52号掲載です。   早速仕掛けてきたハコガク ...

続きを見る

 

618話のネタバレ前半

高田城の挑発に乗って一人飛び出した鏑木。

 

「ハハッ!ついてこいよインテリ!!」

 

余裕を見せ付ける鏑木だったが、その余裕は一瞬で消える事に。

高田城はあっという間に距離を詰め、鏑木の背後に迫って見せた。

 

「!」

「総北1年鏑木一差!!ほら!!”ついてきてやったぞ”!!」

 

「・・・!!ほう!!(こいつ!!一息でオレの加速に・・・!?)」

 

この高田城という男・・・やはり知識だけの男ではなかったか。

選手層の厚い箱根学園でレギュラーを勝ち取るだけの実力は、

当然ながらに持ち合わせているということだな。

 

今の走りがウォーミングアップ程度だというのも、単なる強がりではなく、

事実である可能性が高い。

 

高田城の自己紹介を改めて聞きながら、生意気な返答をするのは相変わらず。

目上に対してのこの舐めきった態度・・・人によっちゃ頭にくるが、

高田城は冷静なままだ。

 

鏑木でなくとも、この男に対し精神的な揺さぶりなどは通用しなさそうだな。

高田城の自己紹介も終わったところで、再び加速しようとする鏑木。

そんな鏑木を止める高田城。

 

「いいのか?おまえから誘い出したが、この勝負・・・

 おまえの”相棒”は、うしろで戻れと叫んでるぞ?」

 

段竹の警告をわざわざ伝えてやる優しさよ。

まぁ高田城の事だから、この忠告も計算のうちかもしれないが。

 

「それでもやると?」

「わかってねーなタカダ。何にもわかってねぇ!!」

 

再び加速する鏑木!

いわく、あれは段竹流の”がんばれ”ってエールらしいw

駄目だこいつww

 

「バカ!また加速した!!何やってんだ一差ァ!!

 完全に挑発にのってる!!聞こえてないのか!!」

 

一人熱くなる段竹。

高田城を相当警戒しているようだな。

 

実力は未知数だが、ヤツが総北のあらゆる情報を頭に入れ、

それを使った策略を武器に総北を潰そうとしているのは間違いない。

 

今のこの状況からも、高田城が総北をバラバラにするのが目的だと段竹は読む。

だったら今やるべきことは一つ!!

鏑木との合流だ!


 


次のページへ >

オススメ記事

-弱虫ペダルネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.