呪術廻戦 ネタバレ感想 131話/覚醒真人は宿儺対策の変容?

https://www.sirolog.com

呪術廻戦ネタバレ

呪術廻戦 ネタバレ感想 131話/覚醒真人は宿儺対策の変容?

更新日:

呪術廻戦 ネタバレ感想 131話 「渋谷事変48」

呪術廻戦 131話 ネタバレ感想!

2020年11月30日(月)発売の週刊少年ジャンプ52号掲載!

 

覚醒した真人相手に1人で挑む虎杖!

果たして宿儺の力なしで勝つことはできるのか!?

因縁の戦いも決着は近い!!

 

■前回 第130話 「渋谷事変47」はこちら

呪術廻戦 ネタバレ感想 130話/真人覚醒!!
呪術廻戦 ネタバレ感想 130話/真人覚醒!!

呪術廻戦 ネタバレ感想 130話 「渋谷事変47」 呪術廻戦 130話 ネタバレ感想! 2020年11月21日(土)発売の週刊少年ジャンプ51号掲載!   0.2秒の領域展開に賭けた真人・・・!! 成 ...

続きを見る

 

人の姿とはかけ離れた真人の魂の本質

「ハッピーバースデイってやつさ虎杖」

 

黒閃を経て辿り着いた真人の魂の本質。

その姿がこれか・・・

確かに禍々しさにおいては本質を捉えている気もするが・・・

 

虎杖を殺すことを新生の仕上げとし、この世に生れ堕ちるという真人。

果たしてその実力とは・・・?

 

先に動いたのは真人だ。

突っ込むわけではなく、十分の間合いをとりつつ、腕の振りだけで地面をえぐる程の威力を見せる!!

 

虎杖はその攻撃をかわしつつ、上段蹴りを放つ!!

これを難なくかわす真人。

 

頭の後ろから出ている紐状の髪?を虎杖が放った足に巻きつけ動きを封じ、

そこに尻尾の一撃を浴びせる!!

 

が、これを虎杖は膝でガード!

そこから近接の殴り合いに発展するも、こと近接戦闘においては虎杖に分がある。

真人の拳をいなし、わき腹へと渾身の拳がHIT!!

 

が!虎杖の馬鹿力をもってしても、ダメージが通らないほど、真人の体は硬く強化されているようだ。

 

真人といえば、一撃必殺の無為転変が武器のため、肉弾戦のイメージはないのだが、

宿儺を宿している虎杖に対し、それは使えない。

 

となると、この真人の変容は狙わずして宿儺対策が出来てかつ、虎杖を攻め落とせる形になったわけか。

瞬時に虎杖は自身の攻撃が今の真人に通じない事を理解。

呪霊として別次元の存在と成った事を実感する。

 

真人が強くなったのは防御面だけではない。

当然単純な攻撃力も段違いで上がっている。

 

元が元なだけに、余計にパワフルさを感じてしまう。

だが、圧倒的なパワーを要する真人に対し、虎杖に動揺は見られない。

冷静さを保ちつつ攻略法を練り上げる。

 

ずばり真人に通用する自身の攻撃は、黒閃以外にない。

しかも、ただの黒閃じゃだめだ。

最大呪力出力の黒閃・・・!!


 


次のページへ >

オススメ記事

-呪術廻戦ネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.