呪術廻戦 ネタバレ感想 129話/幾魂異性体のデザイン完全にアウトやろw

https://www.sirolog.com

呪術廻戦ネタバレ

呪術廻戦 ネタバレ感想 129話/幾魂異性体のデザイン完全にアウトやろw

更新日:

呪術廻戦 ネタバレ感想 129話 「渋谷事変46」

呪術廻戦 129話 ネタバレ感想!

2020年11月9日(月)発売の週刊少年ジャンプ49号掲載!

 

虎杖・東堂・真人・・・極限バトルが三者のポテンシャルを限界まで引き出し、

いよいよバトルも大詰めか!?

果たしてどんな決着になるのか!?

 

■前回 第128話 「渋谷事変45」はこちら

呪術廻戦 ネタバレ感想 128話/メカ丸、最期に三輪に想いを告げる
呪術廻戦 ネタバレ感想 128話/メカ丸、最期に三輪に想いを告げる

呪術廻戦 ネタバレ感想 128話 「渋谷事変45」 呪術廻戦 128話 ネタバレ感想! 2020年11月2日(月)発売の週刊少年ジャンプ48号掲載!   虎杖&東堂最強タッグで真人に挑む!! こりゃ勝 ...

続きを見る

 

分裂・・・そして完全にアウト

地下から地上へ飛び出した三人!

 

「アゲてけよ虎杖!!俺とオマエ!!

 最後の呪い合いだ!!」

 

完全に眼中にない東堂。

だが、決して無視できない相手なのは間違いないはずだぞ。

 

相変わらずの位置換えの術式で翻弄される真人。

虎杖と連携することで、その相乗効果は何倍にも膨れ上がる。

 

だが、真人も徐々に攻略しはじめているようだな。

位置換えからの、虎杖の顔面狙いの蹴りを、首から頭を自切して回避!

 

加えて、切り離した頭から本体を再生・・・

つまるところ、2人に分裂した!

 

さらに一体は改造人間を使い、多重魂から幾魂異性体を作り上げた。

いかにもパワー系な見た目の強そうなヤツだが・・・

股間に明らかにアウトなものがあるんだが・・・

2対1で、数的有利だった虎杖たちだったが、2対3と数的には不利に!

そんな状況でも東堂は位置換えを器用に使いながら冷静に分析。

 

まず、頭を切り離された胴体の戦力を8、自切した頭から再生した方を2と戦力分析。

さらには戦力2割の方が距離をとって幾魂異性体を生み出したことから、

こっちの2割の方が本体だと読む。

 

これを確実に虎杖に潰させる作戦を立て、自らはまず改造人間から潰す目算で動く!

改造人間の等級は、3級から2級程度・・・そう思っていた。

 

バキィッ!!

 

(何!?)

 

「東堂!!」

「ははっ!ナメてっから」

 

東堂は、とてつもなく重い一撃を顔面に食らってしまう!

さらに怯んだところにもう一発!!

 

吹っ飛ばされた東堂はビルに激突!!

そのまま、ビル内部をまるでピンポン玉のように体をぶち当てながら跳ねまわる!!

相当なダメージか!?

 

幾魂異性体は執拗に追撃に飛ぶ!!


 


次のページへ >

オススメ記事

-呪術廻戦ネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.