チェンソーマン ネタバレ感想 92話 「ゾンビ・血・チェンソー」

https://www.sirolog.com

チェンソーマンネタバレ

チェンソーマン ネタバレ感想 92話 「ゾンビ・血・チェンソー」

更新日:

チェンソーマン ネタバレ感想 92話 「ゾンビ・血・チェンソー」

チェンソーマン 92話 ネタバレ感想!

2020年11月9日(月)発売の週刊少年ジャンプ49号掲載!

 

パワーのお陰で復活を遂げたデンジ。

だが問題は何も解決していない・・・

この先もマキマさんから逃げ続けるのか?

 

■前回 第91話 「パワー・パワー・パワー」はこちら

チェンソーマン ネタバレ感想 91話 「パワー・パワー・パワー」
チェンソーマン ネタバレ感想 91話 「パワー・パワー・パワー」

チェンソーマン ネタバレ感想 91話 「パワー・パワー・パワー」 チェンソーマン 91話 ネタバレ感想! 2020年11月2日(月)発売の週刊少年ジャンプ48号掲載!   復活を遂げたパワーちゃんだが ...

続きを見る

 

92話のネタバレ前半

暗い路地裏の一室に、岸辺によって匿われたデンジとコベニちゃん。

 

「もう声を出しても大丈夫だ。

 ここなら少しの間は足がつかない。

 とりあえず腹に何か入れておけ」

 

途中で買ったのか、レジ袋にはパンなどがドッサリ。

しかし、状況が状況だけに食欲もわかないか。

 

「私・・・色々見ちゃったから・・・

 マキマさんに殺されちゃうんですか・・・?」

「ああ」

 

コベニちゃんの驚愕の表情・・・つーか、ついさっき一度殺されかけてるわけで、

改めて確認するまでもないと思うが・・・それでもやはり希望を抱いてしまうのが普通だよね。

 

岸辺も慰めを言わないところがいいよね。

変に希望を持たせるのもよくないだろうしなぁ。

コベニちゃんもある程度覚悟の上だったのだろう・・・驚きはしたものの、それ以上の動揺は見られない。

 

「家族とは・・・電話できないんですか・・・?」

「ああ」

 

「一生・・・ですか・・・?」

「多分そうだな」

 

これってどういう意味なんだろうね。

単純に受け取るなら、家族と接触することが危険に繋がるから出来ないってことなんだけどさ。

 

これ、もうコベニちゃんの家族が死んでて、一生電話できないともとれるんだよなぁ・・・

 

岸辺が多分って言ったのは、あの世でなら、その限りもない・・・って意味かもしれんし・・・なんともはや・・・深読みしすぎですかね。

その場にしゃがみこみ顔をうずめるコベニちゃん。

程なくして顔を上げると一言呟いた。

 

「よかった・・・」

「あ?」

 

「離れる理由できてよかった・・・」

「・・・誰から?」

 

「お父さんと・・・お母さんから・・・」

 

コベニちゃんって、クッソ貧乏キャラなのは覚えてるけど、

家族との確執とか、諸々なんかあったっけか。

あんま覚えてないな・・・

 

”よかった”と言ってる割に、コベニちゃんの浮かない表情を見て、

デンジはかける言葉もなく、ただ隣に同じように腰を下ろした。

 

「食ったら寝ろよ。明日が早いぞ」

 

岸辺はそう言うと、椅子に腰掛けた。

デンジがふと隣を見ると、コベニちゃんが震えていた。


 


次のページへ >

オススメ記事

-チェンソーマンネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.