ドラゴンクエスト ダイの大冒険 2020 第5話ネタバレ感想!ハドラーの鼻水よかった

https://www.sirolog.com

アニメ感想

ドラゴンクエスト ダイの大冒険 2020 第5話ネタバレ感想!ハドラーの鼻水よかった

更新日:

ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ネタバレ感想 5話 「アバンのしるし」

蘇りし魔王ハドラー・・・!

その圧倒的強さに苦戦を強いられるアバン先生!

果たしてこの危機を脱する術はあるのか!?

 

■前回 第4話 「魔王ハドラーの復活」はこちら

ドラゴンクエスト ダイの大冒険 2020 第4話ネタバレ感想!ハドラー違和感!
ドラゴンクエスト ダイの大冒険 2020 第4話ネタバレ感想!ハドラー違和感!

ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ネタバレ感想 4話 「魔王ハドラーの復活」 ダイの修行のためにドラゴラムを使用し、竜に変身したアバン! 形の無い、炎や吹雪を断つ剣技『海波斬』の習得が突破口となるが・・ ...

続きを見る

 

5話のネタバレ前半

ダイたちに向けられたハドラーの強烈なベギラマをアバン先生が背中で庇い・・・

結果、大ダメージを受けてしまう。

 

戦力差は歴然・・・それでも大魔王の存在が明らかになった以上、

せめてハドラーだけでも、ここで仕留めるべく、アバン先生は決死の覚悟を決める。

そして、いつか大魔王バーンを倒して欲しいと、ダイとポップに全てを託す。

 

師の決死の思いは当然ダイたちにも伝わる・・・

ダイはアバンと共に戦う想いだったが、

 

アバンは残り僅かの魔法力で、アストロンの呪文をダイたちにかけ、

あらゆる呪文や攻撃から身を守れるようにした。

最期の最期まで弟子や仲間を想う・・・まさに勇者たる行動。

 

そしてアバン先生は、卒業の証である『アバンのしるし』をダイとポップの首にかけていく。

1年もの長い付き合いをしていたポップは号泣・・・

 

勝てない相手なら逃げたっていい・・・無茶は辞めてくれ!・・・と、

本心をぶつけるポップだったが、勇者アバンにその選択肢はなかった。

 

勝てない相手だからこそ、命を賭けて戦う必要があるのだと。

そして、修行で得た力は、他人のために使うべきだという。

 

アバンが今まで培ってきた力は、この時のために・・・

二人を守るために神に与えられたものだと語った。

 

「いつかあなたにも必ずわかる日が来ます。

 だから、その時のために、これをあずけておきましょう」

 

最期の最期までおどけて見せるアバン先生。

それが余計に辛いよなぁ・・・

 

最後にゴメちゃんとブラスじいちゃんに、お世話になったと挨拶し、

いよいよ決戦に向かう。

ハドラーも、弟子との最後の語らいを待ってくれてたあたり、伊達に魔軍司令をやってるわけではないな。

時折覗かせる小物感は否めないが・・・

さぁ・・・いざ勝負の時!

すでに体はボロボロ、魔法力も底を尽き、傍目から見てもアバン先生に勝機は見られない。

それでも”絶対に負けない”と自信を覗かせる。

 

確かにハドラーも、そこそこ魔法力を消耗してはいるようだが、

そもそもハドラーは魔法以外に肉弾戦もかなりのレベルだ。

 

剣で立ち向かうアバンに対し、拳で圧倒するハドラー!

原作以上のバトルシーンはGOOD!

 

だが、逆にあれだけ打ち込まれてなお、向かっていくアバン先生。

原作にない、アバンの顎にアッパー決めて、宙を舞って普通に着地してたのは、

ハドラーの攻撃力弱すぎんか?って思われちゃうかもしれんよなぁ。

 

アバン先生が打たれ強いのか、ハドラーが見掛け倒しのヘッピリなのか、

イマイチわからなくなるが・・・

まぁアバン先生の身体が丈夫だったってことにしておこう。

 

ハドラーの一方的な攻撃の最中、アバン先生は打たれる覚悟で身構える。

そして、攻撃に耐え、ハドラーに僅かな隙が生じた際、すかさずアバンは行動に移した。

 

両手の指をハドラーのコメカミ部分にブッ刺し、そこに全生命エネルギーをぶち込む!!

まさに命懸けの自己犠牲呪文・・・メガンテ。

アバン先生の切り札は、自身の命を投げ打って、相手を滅殺する方法だった。

 

鼻水垂らしながら怯えまくるハドラー最高でしたね。

それにしても原作にはない、一瞬、若かりし日のフローラ姫の姿がよぎったシーン。

あれもよかったなぁ。

 

つーかフローラ女王って何がどうしてあーなったんだ。

確かに美人は美人なんでしょうけど・・・

レオナも年喰うとあんな感じになっちまうのか。


 


次のページへ >

オススメ記事

-アニメ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.