呪術廻戦 ネタバレ感想 127話/東堂&虎杖最強タッグ再び!!

https://www.sirolog.com

呪術廻戦ネタバレ

呪術廻戦 ネタバレ感想 127話/東堂&虎杖最強タッグ再び!!

更新日:

呪術廻戦 ネタバレ感想 127話 「渋谷事変44」

呪術廻戦 127話 ネタバレ感想!

2020年10月26日(月)発売の週刊少年ジャンプ47号掲載!

 

釘崎の死に絶望する虎杖。

そんな中、加勢に現れた東堂・・・!

果たして虎杖は立ち直る事ができるのか!?

 

■前回 第126話 「渋谷事変43」はこちら

呪術廻戦 ネタバレ感想 126話/釘崎野薔薇生存フラグで更なる絶望を与える鬼畜
呪術廻戦 ネタバレ感想 126話/釘崎野薔薇生存フラグで更なる絶望を与える鬼畜

呪術廻戦 ネタバレ感想 126話 「渋谷事変43」 呪術廻戦 126話 ネタバレ感想! 2020年10月19日(月)発売の週刊少年ジャンプ46号掲載!   これは酷い・・・釘崎野薔薇死亡確定かと思いき ...

続きを見る

 

流石に心は折れるか

倒れた虎杖を鼓舞する東堂だったが、流石に今回の一件は虎杖の心をズタズタにしていた。

並のメンタルなら、もうとっくに壊れていてもおかしくないレベルだでな。

よく持った方だと思うわ。

 

戦えない理由を吐露する虎杖。

救えなかった命の数々、宿儺によって大量の人死に・・・

だからこそ虎杖悠仁は失った分だけ、より沢山の人を救おうと頑張った。

 

しかし、結果は何も救えず今に至る。

 

「俺はただの人殺しだ!!

 俺が信念だと思っていたものは、俺のための言い訳だったんだよ!!」

 

『オマエがいるから人が死ぬんだよ』

 

「俺はもう、俺を許せない」

 

うずくまる虎杖。

そんな中も狂気は迫る。

 

「声が小さくて聞こえねぇよ!!」

 

迫り来る真人!!

 

パンッ!!

便利すぎる東堂の術式・不義遊戯。

1年・新田新と真人の位置を入れ替える!

 

真人の放った撓る腕は空を切るも、すぐに入れ替わりを悟り、

振り返りざまに攻撃を放つ!

が、再びパンと手を叩き、真人と位置を入れ替える東堂!

 

真人の攻撃をかわすと同時に背後を取る!

そこにすかさず強烈な蹴りを放つ東堂!!

 

蹴り飛ばされた真人が、直線上にいた新田にぶつかりそうになるも、

再び、パンッと手を叩き新田と真人の位置を入れ替える。

 

マジで便利すぎる能力だろこれ・・・!


 


次のページへ >

オススメ記事

-呪術廻戦ネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.