【ネタバレ】弱虫ペダル 612話 「段竹竜包」

https://www.sirolog.com

弱虫ペダルネタバレ感想

【ネタバレ】弱虫ペダル 612話 「段竹竜包」

更新日:

弱虫ペダル ネタバレ感想 612話 「段竹竜包」

弱虫ペダル 612話 ネタバレ感想・考察!

2020年10月22日(木)発売の週刊少年チャンピオン47号掲載です。

 

総北の次のレース・峰ヶ山ヒルクライムの選手、そしてエースに選ばれた段竹!

果たして段竹はこの重責に耐え、結果を残すことが出来るのか!?

坂道の手腕にも期待!真波との衝突も必至か!?

 

■前回 弱虫ペダル 611話 「チーム初戦へ!!」はこちら

【ネタバレ】弱虫ペダル 611話 「チーム初戦へ!!」
【ネタバレ】弱虫ペダル 611話 「チーム初戦へ!!」

弱虫ペダル ネタバレ感想 611話 「チーム初戦へ!!」 弱虫ペダル 611話 ネタバレ感想・考察! 2020年10月15日(木)発売の週刊少年チャンピオン46号掲載です。   動き出す各校の新体制! ...

続きを見る

 

612話のネタバレ前半

「え!オレが山の・・・エース!?」

 

突然の発表に驚きを隠せない段竹。

選ばれたもう一人、1年の定時に至っては、あまりの衝撃に絶句・・・というか気絶w

大丈夫なのかw

 

一方で、坂道のこの決断に、鳴子も今泉も、かなり納得の表情を浮かべている。

よくよく考えれば、去年は手嶋・今泉・坂道っていう3人で峰ヶ山ヒルクライムに挑んでいる。

 

なるほど、2年・1年・1年・・・この形を継承してるわけだ。

 

段竹は以前に今泉から去年の峰ヶ山ヒルクライムについて話を聞いていたようだな。

手嶋・今泉・坂道と今から思えば豪華メンバー。

 

余裕で1・2・3フィニッシュだと段竹は思ったようだが、

実際にはハコガクの葦木場が出場し、見事に2位を奪われた。

ちなみに1位は坂道だったが・・・葦木場の爪が甘かったせいで、かなり際どいレース展開ではあったがな・・・

 

つーか、ハコガクは一人でこの結果を出してるわけで、相当凄かったことが伺える。

そんなスゲェ選手たちが凌ぎを削った峰ヶ山ヒルクライムレースに、

自分がエースとして選ばれた・・・困惑する段竹。

 

「すいません小野田さ・・・キャプテン!!

 そんな大会に・・・

 もう一度・・・なぜ、オレたち2人が選ばれた理由を・・・

 どうしてですか!」

 

「それは・・・

 チャレンジだからです!!

 

それが坂道の答えだった。


 


次のページへ >

オススメ記事

-弱虫ペダルネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.