【ネタバレ】弱虫ペダル 611話 「チーム初戦へ!!」

https://www.sirolog.com

弱虫ペダルネタバレ感想

【ネタバレ】弱虫ペダル 611話 「チーム初戦へ!!」

投稿日:

弱虫ペダル ネタバレ感想 611話 「チーム初戦へ!!」

弱虫ペダル 611話 ネタバレ感想・考察!

2020年10月15日(木)発売の週刊少年チャンピオン46号掲載です。

 

動き出す各校の新体制!

坂道率いる総北も、次のレースに向けて激しい練習を開始!

ハコガクの真波も、そんな坂道と早くヤリたくてウズウズしている!!

 

■前回 弱虫ペダル 610話 「ふたつの光」はこちら

【ネタバレ】弱虫ペダル 610話 「ふたつの光」
【ネタバレ】弱虫ペダル 610話 「ふたつの光」

弱虫ペダル ネタバレ感想 610話 「ふたつの光」 弱虫ペダル 610話 ネタバレ感想・考察! 2020年10月8日(木)発売の週刊少年チャンピオン45号掲載です。   それぞれの高校が次の世代として ...

続きを見る

 

611話のネタバレ前半

総北の練習・・・あの坂道が苦しめられていた!

1年3人組・・・鏑木・段竹・定時である。

 

どうやら今回は、2年生を1年生が協力してつかまえる練習のようだ。

山ならともかく、ちょっとしたアップダウンしかない平坦基調の道では、

いかに坂道といえど、数には勝てないようだ。

 

1年トリオは、あっさりと坂道を抜いていった。

この前には杉元も抜かれたようだな。

 

相変わらず兄思いの定時は、兄である杉元を抜いた時も、自分の後ろにつくように言ってたようだが、それを段竹が止めたようだ。

 

2年を追い抜く練習である以上、杉元を助ける理由は無い。

優しさは捨てろ・・・と。

段竹のこういうところがチームにとっては必要な厳しさだろうな。

杉元に続き、坂道も抜いた1年トリオ。

追いついてきても全力で引き離すと、力強い言葉と目で語った。

 

そんな成長した彼らに対し、坂道は笑顔を見せる。

どうやら3人が同じジャージを着ていることが嬉しかったようだ。

レギュラージャージとは別に、個人のジャージを三人おそろいで新調したらしい。

 

この1年トリオは、きっと今後の総北の柱になるんじゃないかな。

定時はまだメンタル面で若干不安だがなぁ・・・性格が優しすぎるでな。

 

さて、残る二年は今泉と鳴子・・・!

平坦では、やはりこの二人は早いな。

残り3km・・・二人は当然1年に負ける気など、さらさら無い様子。

 

というか、もはや今泉と鳴子の張り合いになりそうな予感w

まぁこの練習の結果について語られる事はなかったみたいだが・・・


 


次のページへ >

オススメ記事

-弱虫ペダルネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.