【ネタバレ】バキ道 73話 「闇」

https://www.sirolog.com

バキ道ネタバレ感想

【ネタバレ】バキ道 73話 「闇」

更新日:

バキ道 ネタバレ感想 73話 「闇」

バキ道 73話 ネタバレ感想!

2020年10月1日(木)発売の週刊少年チャンピオン44号掲載!

 

鯱鉾の無謀すぎる提案・・・漢気溢れるその言葉・・・

花山薫が無下にするはずもなく・・・全力で応える!!

力士の矜持・・・ッッ!!

 

■前回 第72話 「漢構え」はこちら

【ネタバレ】バキ道 72話 「漢構え」
【ネタバレ】バキ道 72話 「漢構え」

バキ道 ネタバレ感想 72話 「漢構え」 バキ道 71話 ネタバレ感想! 2020年9月17日(木)発売の週刊少年チャンピオン42号掲載!   花山薫の大砲を受けて尚、戦う意思をむき出しにする鯱鉾。 ...

続きを見る

 

73話のネタバレ前半

直接打撃制空手の父・・・大山倍達がかつて唱えた、

刃牙の中で幾度と無く出てきた提言。

 

体重×スピード×握力=破壊力

 

何となく納得の計算式ではあるが、疑問に持つ者もいるだろう。

スピードや体重の重要性は、まぁ解るとして・・・

 

方程式の中に、何故に握力が組み込まれているのか?

その答えが今明らかになる。

 

握力とは、破壊を行うにあたり、『硬さ』をもたらす、重要なファクターなのである。

確かに言われてみると納得は納得か。

花山薫の握力に至っては、500円硬貨を捻じ曲げ、束ねたトランプを引き裂く。

果ては、重ねたトランプの一部のみを引きちぎると来たもんだ。

 

そんな脅威の握力を持つ花山薫が拳を固める。

自身の拳さえも握り潰すとされる握力で握り固められた拳・・・

 

その硬さたるや・・・

考えたくもない。

 

その握り拳をである。

顔面にここまで2発・・・さらに下から高速で勝ち上げるアッパーカット。

これを顎に喰らった鯱鉾。

 

打たれ強さに定評のある力士といえど、これはもはや決着でしょう。


 


次のページへ >

オススメ記事

-バキ道ネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.