【ネタバレ】呪術廻戦 ネタバレ感想 121話/虎杖VS真人!敗因は戸愚呂兄

https://www.sirolog.com

呪術廻戦ネタバレ

【ネタバレ】呪術廻戦 ネタバレ感想 121話/虎杖VS真人!敗因は戸愚呂兄

投稿日:

呪術廻戦 ネタバレ感想 121話 「渋谷事変39」

呪術廻戦 121話 ネタバレ感想!

2020年9月14日(月)発売の週刊少年ジャンプ41号掲載!

 

七海が殺され、ヒートアップする虎杖!!

相変わらずのオチョクリモードの真人だが、冷静さを失えば思う壺やぞ!

果たして勝負の行方は!?

 

121話ネタバレあらすじ前半

宿儺の一件で、相当精神的に追い詰められてるところにナナミンの死という、

普通だったら心が折れそうな状況の中、真人とやりあうことになった虎杖。

 

基本肉弾戦しか手札がない虎杖は、正面からまっすぐ真人に向かっていく。

これに対し、真人は、かつて人だったモノを投げつけ攻撃。

 

コイン大に凝縮された人だったものは、巨大化し、向かって来る虎杖を襲撃。

身体能力が並ではない虎杖は、これをかわし、あくまでも真人を狙うが、一瞬目をそらした瞬間に見失う。

 

一瞬の隙をついて虎杖の背後をとった真人。

 

「多重魂」

 

撥体!!!

 

複数の魂を融合させ、その拒絶反応を利用し、魂の質量を爆発的に高め、

それを虎杖に向かって放った真人。

 

大口を開けて襲い来る異形を、虎杖は力で止める!

勢いが止まり、安心したのも束の間!

「ばぁ!」

 

異形の大きな口の中から現れた真人!

思い切り虎杖の顔面を殴りつけた。

 

虎杖の反射神経をもってしても、この不意打ちはよけきれないか。

 

左拳に刃のような変形を施し顔面を思い切り殴りつけたが、

とりあえず額を切る程度のダメージで済んだようだ。

 

口の中で、ふんばりが効かなかったのがよかった。

真人によって異形にされてしまった魂は助けを叫び涙を流す。

 

そんな姿に居た堪れなさを感じる虎杖だが、真人相手に感情論は通用しない。

こいつから吐き出される言葉一つ一つが漆黒の悪意に満ちている。

会話を交わすだけで腸が煮えくり返るだろう。


 


次のページへ >

オススメ記事

-呪術廻戦ネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.