https://www.sirolog.com

ハリガネサービスACEネタバレ感想

ハリガネサービスACE ネタバレ感想 80話 「ゴドーを待ちながら」

更新日:

ハリガネサービスACE ネタバレ感想 80話 「ゴドーを待ちながら」

ハリガネサービスACE 80話 ネタバレ感想!

2020年8月27日(木)発売の週刊少年チャンピオン39号掲載!

 

駿天堂は見事に紫文会を下し、ベスト4進出!

一方、豊瀬は謝名と互角の勝負を展開していた!

第2セットも終盤!勝利の女神はどちらに微笑むのか!?

 

■前回 第79話「僕たちの失敗」はこちら

ハリガネサービスACE ネタバレ感想 79話 「僕たちの失敗」

ハリガネサービスACE ネタバレ感想 79話 「僕たちの失敗」 ハリガネサービスACE 79話 ネタバレ感想! 2020年8月20日(木)発売の週刊少年チャンピオン38号掲載!   監督の一喝で目覚め ...

続きを見る

 

80話のネタバレ前半

第2セット 21-20と、豊瀬が1点リードした状況!

下平が松方からのトスを受け、スパイクを穿つ!

 

パワーのない下平は徹底して相手の指先を狙い、打ち抜く!!

これが正確無比!

ただし、確実に決まるというものでもないようだ。

 

相手ブロッカーに一度触れたボールが、そのままアウトコースに飛んでいく。

このままいけば豊瀬の得点になるわけだが、謝名高校の6番がボールを追う!

 

「あぐーっ!」

 

執念のアグー豚レシーブでボールが上がる!

これを立て直す謝名高校!

 

今度は謝名の反撃!

3番のスパイク!

下平がブロックに跳ぶ!

 

「ハイサイ!」

 

これまたトリッキーなスパイク!

ボールを軽く叩きつけ、下平の指先にボールを当ててきた!

ブロックを射抜く威力がなかったため、自陣コートにそのまま落下!

すかさず謝名の1番がこれを滑り込んで再びレシーブ!

これを再び3番がスパイクに跳ぶ!

またハイサイショットを繰り出すのか!?

 

いや!今度は思い切り叩きつけてきた!

これは普段ビーチボールで鍛えている謝名高校の為せる技か。

 

普通の選手であれば、一回着地後、その場でもう一度跳ぶとなると、

勢いをつけれない分、高くは跳べない。

しかし、砂地のビーチバレーで普段鍛えている謝名高校は別。

 

沈む砂地に比べ、確実に跳躍力はアップする!

瞬発力も相まって、豊瀬ブロッカーがこれについてこれるはずもないのである。

 

ビーチバレーは陸のバレーと違い2対2で行われる。

必然的に何でもこなせるオールラウンダーが育ちやすくなっている。

 

確かに謝名には突出した選手はいないかもしれないが、

全員が全員、どのポジションもこなせる平均的に高い能力を持っているようだな・・・

 

謝名が今のを決め、これで21-21・・・そう簡単には終わらせてくれないか。


 


次のページへ >

オススメ記事

-ハリガネサービスACEネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.