https://www.sirolog.com

あつまれ!ふしぎ研究部ネタバレ感想

あつまれ!ふしぎ研究部 ネタバレ感想 190話 「付き添いのふしぎ」

更新日:

あつまれ!ふしぎ研究部 ネタバレ感想 190話 「付き添いのふしぎ」

あつまれ!ふしぎ研究部 190話 ネタバレ感想!

2020年8月20日(木)発売の週刊少年チャンピオン38号掲載!

 

前回に引き続き旅館回!

皆が寝静まったところから物語りは始まる!

 

■前回 第189話 「曰くつき旅館のふしぎ」はこちら

あつまれ!ふしぎ研究部 ネタバレ感想 189話 「曰くつき旅館のふしぎ」

あつまれ!ふしぎ研究部 ネタバレ感想 189話 「曰くつき旅館のふしぎ」 あつまれ!ふしぎ研究部 189話 ネタバレ感想! 2020年8月6日(木)発売の週刊少年チャンピオン36+37号掲載!   今 ...

続きを見る

 

190話のネタバレ前半

幽霊が出る旅館に泊まることになったふしぎ研究部一同。

大祐は見張り役として窓際の小部屋で1人椅子に腰掛けてウトウト。

そんな時だった。

 

「大祐君」

 

自分を呼ぶ声に目を覚ます大祐。

 

「・・・!?」

 

暗がりの中、目に飛び込んできたのは巨大なペイペイ!?

 

「起きてる?」

「ことね先輩!?」

 

なんということだ・・・

皆が寝静まってる中、ことね先輩がこっそり声をかけてきただと!?

しかも、相変わらずのノーブラで胸がエラいことになっている。

 

ことね先輩、どうやら寝付けないらしく、大祐に声をかけてきたようだ。

一応部長として、椅子で寝ている大祐を心配もしてくれてるようだが・・・

 

大祐は、眠れない理由に幽霊の話を持ち出すも、ことね先輩はソレが理由で寝れないわけではないと強がって見せる。

 

大祐は、ことね先輩のいつものヤツだと速攻察した。

ことね先輩のプライドの高さ故に、後輩にカッコ悪い姿を見せれないのだと、

つまるところ、幽霊は怖いのが本音だが、そこは強がって見せていると。

とりあえず大祐は察した事を、ことね先輩に悟られぬように、眠れるまで話し相手になることに。

 

しかし15分後・・・

大祐は誤算に気付くことに。

 

(ことね先輩は眠れなくて起きてきたわけじゃなくて・・・

 本当はトイレに行きたいのでは・・・?)

 

超もじもじしてることね先輩可愛すぎへんか?

つーか、こんなことね先輩を目の前に、よくいろいろ平気でいられるな大祐。

慣れってこわいな。


 


次のページへ >

オススメ記事

-あつまれ!ふしぎ研究部ネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.