https://www.sirolog.com

ハリガネサービスACEネタバレ感想

ハリガネサービスACE ネタバレ感想 78話 「傍観者」駿天堂復活!!

更新日:

ハリガネサービスACE ネタバレ感想 78話 「傍観者」

ハリガネサービスACE 78話 ネタバレ感想!

2020年8月6日(木)発売の週刊少年チャンピオン36+37号掲載!

 

会田そらの進言により紫文会が駿天堂に逆転・・・!!

勝つためには手段を選ばないそらのやり口・・・

こんな事が許されるのか!?

 

■前回 第77話「バグ技」はこちら

ハリガネサービスACE ネタバレ感想 77話 「バグ技」会田そら完全に球磨川禊

ハリガネサービスACE ネタバレ感想 77話 「バグ技」 ハリガネサービスACE 77話 ネタバレ感想! 2020年7月30日(木)発売の週刊少年チャンピオン35号掲載!   会田そらの本性が少しずつ ...

続きを見る

 

78話のネタバレ前半

会田そらには、こだわりというものがない。

明らかに異様と思える上履きで試合に挑み、

ポジションも、点の取り方にも特に何も思うところはない。

 

助っ人として、チームを勝利に導ければ、過程も何もないのだろう。

今までの会田そらの”ルール内での非常識行為”により、駿天堂は思わぬ苦戦を強いられる。

 

第1セットを24-14までリードを進めていたにも関わらず、

会田そらの巧妙な手口により、ローテーションミスを誘い、

そのミスに上手く導くと、セットポイントという最大のピンチの時を迎えた時にカードを切る・・・

 

ローテミスはルール規定上、ミスが発生した地点まで点数が戻されるほか、

相手チームに1点が入る。

これにより、24-14から、8-15に点数が移行。

 

当然、納得できるものではない。

「ちょ、ちょっと待った!

 不明瞭なジャッジをした主審の招いた事態じゃないか!!」

 

駿天堂のコーチが声を荒げながら抗議。

まぁ当然だと思うわ。

 

しかし、駿天堂の監督は違った。

ここでタイムアウトを取得。

説教タイムのはじまりである。

 

「悪いのは・・・不明瞭なジャッジをした審判か?」

「いえ・・・」

 

「マネージャー」

 

ビクンッ!!

 

なぜスコアを付けていたマネージャーがローテーションミスに気付かなかったのかと

監督に責められる。

 

マネージャーは、紫文会の遅延行為の罰則によりサーブ権が移行したものだと判断したためと答えた。

 

しかし、実際には主審はハンドシグナルによる警告のみで、カードを出したわけではなかった。

この事実からも、罰則が適用されなかったのは明らか。

 

そう・・・監督はちゃんと気付いていたようだ。

 

「あの8番が申告しなかったら俺が審判に進言していたところだ」

(気付いて黙ってたのかよ・・・!)

 

コーチww

 

「申し訳ありません!!」

 

平謝りのマネージャー。


 


次のページへ >

オススメ記事

-ハリガネサービスACEネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.