https://www.sirolog.com

バキ道ネタバレ感想

【ネタバレ】バキ道 67話 「おせっかい」

更新日:

バキ道 ネタバレ感想 67話 「おせっかい」

バキ道 67話 ネタバレ感想!

2020年7月30日(木)発売の週刊少年チャンピオン35号掲載!

 

強い独歩が帰って来た!

これで刃牙勢は2連勝・・・このまま負け知らずで全勝となるのか!?

花山・克巳・刃牙・宿禰・・・正直誰も負ける気がしないぞ!?

 

■前回 第66話 「キーン臭」はこちら

【ネタバレ】バキ道 66話 「キーン臭」武神の慈悲深さ

バキ道 ネタバレ感想 66話 「キーン臭」 バキ道 66話 ネタバレ感想! 2020年7月16日(木)発売の週刊少年チャンピオン33号掲載!   力士の頭突きを顔面に食らう・・・ 考えたくもない一撃を ...

続きを見る

 

67話のネタバレ前半

ご老公の”勝負ありッ”の叫び声で、決着がついた二陣戦。

勝者は予想に反し愚地独歩。

 

これはあくまでも”漫画的”に考えた予想・・・

6対6の闘いであれば、展開的に刃牙勢でも敗北者が出る・・・

そう確信していた中での、まさかの2連勝。

 

こうなると、残るメンバーの中に敗北者が出てしまうのか!?

もしくは刃牙勢が大相撲を蹂躙する形になるのか・・・

 

正直、残りの面子が大相撲に負けるなんてのは想像がつかないのだがなぁ。

 

まぁ・・・それは後ほど考えるにして、まずは独歩の勝利を喜ぶべきか。

この1勝・・・決して容易く手にしたものではない。

独歩は右腕他、鼻骨など顔面も手痛くやられている。

 

一方の関脇・猛剣は左耳を切り落とされはしたものの、全体的にダメージは軽微のようだな。

武神愚地独歩を相手取り、このダメージで済んでるのは、あの肉体あってのものだねか。

 

そんな猛剣が独歩に一言。

 

「気を遣わせた。お陰で『土付かず』で終えられた」

トドメの一撃で気を失った猛剣を、わざわざ支えた独歩。

全ては猛剣への配慮。

 

「大相撲に『土』は似合わねぇからな」

「これ、持って帰ります」

 

猛剣の手の中には切断された自身の耳が。

 

「いい外科医紹介するぜ。

 氷づけにして持ってく。すぐにくっ付くさ」

 

「愚地さん、敗けは敗け・・・」

 

そういうと、耳を掌に包み込み、ごろんとその場に寝転んだではないか。

呆気にとられる独歩と観衆達。

 

「敗けは敗けです」

 

その背には、大量の土と爪や歯のかけらがびっしり付いている。

 

「きれいなままじゃ帰れない」

「ナルホド。おせっかいだったな。

 仰るとおりだ」

 

この潔さが実に力士だな・・・

国技を背負うだけの”心”を持ち合わせている。


 


次のページへ >

オススメ記事

-バキ道ネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.