https://www.sirolog.com

弱虫ペダルネタバレ感想

【ネタバレ】弱虫ペダル 600話 「ゴールへ飛び込む車輪!!」

更新日:

弱虫ペダル ネタバレ感想 600話 「ゴールへ飛び込む車輪!!」

弱虫ペダル 600話 ネタバレ感想・考察!

2020年7月22日(水)発売の週刊少年チャンピオン34号掲載です。

 

ついに決着!!

勝者は坂道か!?それとも壱藤なのか!?

 

■前回 弱虫ペダル 599話 「30mの差!!」はこちら

【ネタバレ】弱虫ペダル 599話 「30mの差!!」

弱虫ペダル ネタバレ感想 599話 「30mの差!!」 弱虫ペダル 599話 ネタバレ感想・考察! 2020年7月16日(木)発売の週刊少年チャンピオン33号掲載です。   MTB初心者レースもクライ ...

続きを見る

 

600話のネタバレ前半

先頭は相変わらず壱藤!!

すぐ後ろに坂道がついてる状態だが、ゴールまですでに50mを切る!!

 

二人の差はわずか8m・・・されど8m!!

距離がもう少しあれば、わからないけど・・・

残り50mを切ったこの状況で8m差は、決して小さくはないぞ!!

 

ゴールを目前にして、逃げ切りたい壱藤!

追い抜きたい坂道!!

 

どちらもすでに体は限界を超えている!!

”負けたくない”!!

その気持ちがボロボロの体を限界を超えて突き動かす!!

 

ゴールまで残り40m・・・差は7mまで縮まっている!!

坂道の加速がわずかに上回っているか・・・!!

 

(これがMTBの戦い・・・1人の闘い。

 誰も助けてくれない。

 

 きつかったら足を止めればいい。

 自転車を降りればいい。

 

 だけど

 

 約束したから!!

 このバイクを・・・)

 

『1番最初に』『ゴールに』『頼めるかい』

 

(ボクは届けなきゃならないから!!

 ゴールに!!届けたいから!!)

坂道が立ち上がった・・・!!

ここに来てダンシング・・・だと!?

 

雷音は驚愕する。

坂道はお世辞にもダンシングは上手くない・・・むしろ下手糞!!

ここで立ち上がれば、逆に失速しかねない!!

 

「座れ!!ロード君!!」

 

観客席から声をかける雷音。

 

「!!」

 

しかし、坂道の真剣な表情・・・そして何より、その走りを見て気持ちは一変した。

 

「いや!!そのまま行けぇ!!」

 

坂道の下手糞なダンシングは、見る影もなくなっていた。

鈴音からみても、キレイなダンシング・・・

 

坂道は2周目に入り、しっかり成長を遂げていたのである。


 


次のページへ >

オススメ記事

-弱虫ペダルネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.