https://www.sirolog.com

ハリガネサービスACEネタバレ感想

ハリガネサービスACE ネタバレ感想 76話 「ネガティヴVSニュートラル」

更新日:

ハリガネサービスACE ネタバレ感想 76話 「ネガティヴVSニュートラル」

ハリガネサービスACE 76話 ネタバレ感想!

2020年7月22日(水)発売の週刊少年チャンピオン34号掲載!

 

勝利するためならば、どんな手も使う会田そら。

バレーボール愛など微塵も感じないそらに同調する鴛淵・・・

しかし、そらから思いがけない答えが返ってきた!?

 

■前回 第75話「リセマラ」はこちら

ハリガネサービスACE ネタバレ感想 75話 「リセマラ」勝てばよかろうなのだァッ!

ハリガネサービスACE ネタバレ感想 75話 「リセマラ」 ハリガネサービスACE 75話 ネタバレ感想! 2020年7月16日(木)発売の週刊少年チャンピオン33号掲載!   紫文会の助っ人マン『会 ...

続きを見る

 

76話のネタバレ前半

鴛淵がバレーボールを始めたキッカケは、父親である山縣先生への復讐だった。

当時の山縣先生はバレーボールコーチとして、家庭をないがしろにし、

その実害を一番に受けていたのが、息子の鴛淵だった。

 

鴛淵は父親が最も愛するバレーボールを貶めるためだけに、

憎悪と敵意を込めボールを叩いてきた。

 

そんな鴛淵は、バレーボールに対する敬意を全く払おうとしない

会田そらを目の当たりにして同調する。

 

「奇遇だねェ。俺も大して好きじゃねェよ。

 バレーボール」

 

相変わらずの禍々しさww

”汚い米津玄師”とはよく言ったものである。

 

すると、思いがけない答えが返ってきた。

「僕は好きですよ。バレーボール」

 

鴛淵の顔wwwwwwwwww

 

「ぶわははははははははは!!!」

 

こえぇぇ・・・

 

「そりゃ悪かったな」

「変な人だなぁ」

 

どっちもどっちだがな。

それにしても、真顔でバレーボールが好き・・・か。

 

やっぱ会田そら・・・どっかネジが外れてる男やな・・・

 

ゲームが再開。

会田そらは相変わらずやる気のないブロック。

ただ腕を上に伸ばしてるだけの、全くシャットアウトする気がないソレ。

 

ワンタッチ取って、後衛がつないでくれたらいいな・・・くらいの、

熱意のない、他人頼みのソフトブロック。

 

攻撃する側のスパイカーも”完全に舐められてる”と苛立ちそうなものだが、

そこはキャプテン梧塔・・・あくまでも冷静である。


 


次のページへ >

オススメ記事

-ハリガネサービスACEネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.