https://www.sirolog.com

ハリガネサービスACEネタバレ感想

ハリガネサービスACE ネタバレ感想 75話 「リセマラ」勝てばよかろうなのだァッ!

更新日:

ハリガネサービスACE ネタバレ感想 75話 「リセマラ」

ハリガネサービスACE 75話 ネタバレ感想!

2020年7月16日(木)発売の週刊少年チャンピオン33号掲載!

 

紫文会の助っ人マン『会田そら』がヤバすぎる・・・!!

あらゆる競技において勝利をもたらした死んだ目の男・・・

バレーボールも例外にあらずか・・・駿天堂を苦しめる!!

 

■前回 第74話「ノンポリマン」はこちら

ハリガネサービスACE ネタバレ感想 74話 「ノンポリマン」会田そらヤバすぎ

ハリガネサービスACE ネタバレ感想 74話 「ノンポリマン」 ハリガネサービスACE 74話 ネタバレ感想! 2020年7月9日(木)発売の週刊少年チャンピオン32号掲載!   第1セットを取った豊 ...

続きを見る

 

75話のネタバレ前半

紫文会の異様な戦い方が見えてきた。

彼らは突出した力はお世辞にもない・・・

それは会田そらにもいえることだ。

 

にも関わらず、あの駿天堂と渡り合っている。

それは何故なのか?

 

”ブロックが1枚以下になるまで何度でもやり直す”

 

これを徹底しているのである。

ブロックが2枚以上では積極的なスパイクを打たず、弱いスパイクを腕にあて、

リバウンドをひたすら繰り返す。

 

そしてブロックが1枚以下になれば、思い切り勝負に行く・・・

その繰り返しである。

傍から見ていれば、これほどつまらない試合はないだろう。

 

この異様な戦い方・・・

それを指示したのが、他でもない会田そらというわけか。

話は会田そらが加入した頃に遡る。

 

当時、紫文会にもエースとよばれるアタッカーがいた。

ブロックが何枚立ちふさがろうとも、果敢に挑んでいく・・・まさにエース気質の選手だった。

 

しかし、ブロックを完全に突破できるほどの力はなかった。

まぁ、どんなパワーアタッカーでも突破できない事もあるだろう。

 

だが、会田そらはそれが不思議で仕方なかったようだな。

”何故不可能な壁にわざわざ立ち向かうのか?”


 


次のページへ >

オススメ記事

-ハリガネサービスACEネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.