https://www.sirolog.com

バキ道ネタバレ感想

【ネタバレ】バキ道 66話 「キーン臭」武神の慈悲深さ

更新日:

66話のネタバレ後半


 


仰向けの状態、目の前には猛剣の振り下ろした踵・・・

どう見ても絶体絶命の中・・・どう動いたのかは定かではないが状況は一変する。

 

独歩は猛剣の軸足を刈り取った。

片足を天高く上げるという行為は、つまるところ、一本足である。

 

両足で地に腰を据える力士を押し倒すことは難しいかもしれないが、

片足で立ってる分には、独歩ほどの実力者であれば、刈り取ることも可能か。

 

バランスを崩し、後ろにのけぞる猛剣。

この状態で、並の人間なら、そのまま尻餅をつくところ、なんと猛剣は右足の爪先立ちで堪えたのである。

 

とはいえ、上体は傾いたまま・・・左足はつんのめって前にピンと伸ばしている。

とてもじゃないが右の爪先立ちで長時間堪えられる体勢ではない。

 

すぐに倒れ始めた猛剣は、今度は左足を地に着け、なんとか堪えようとするが、

左足を着地すると同時に右足を再び空に投げ出してしまったために、状況は何も変わっていない。

 

まるで

上体を反らした状態でのコサックダンス!!

 

ひとり踊り狂う猛剣を、横で呆気にとられる独歩。

一体この力士は一人でナニをしているのか・・・

そう思われる方も多いだろう。

しかし、猛剣がこうまでしても、地に背中をつけるのを拒む理由はただ一つ。

 

彼が力士であるからである。

 

たとえ闘う力を残していようが、力士が地に背中をつける・・・

それは敗北以外の何ものでもないのだ。

 

まして、相手は力士ですらない・・・それを相手に足裏以外の接地は、

もはや単なる敗北に留まらない。

それすなわち、『大相撲』そのものの敗北を意味するのだ。

 

ゆえに、このコサックダンス。

猛剣は何が何でも起き上がらねばならず、必死の最中なのである。

 

「関脇・・・」

「!」

 

「楽になりな」

 

猛剣の顔を覗き込み、一言そう告げると、独歩の表情が一変!!

あぁ・・・最強の一撃が来る・・・

 

ガチョッ!!

 

本家本元・・・神速の踵落としを猛剣の額に放った。

瞬間、猛剣の意識は、抜け落ちる。

 

そして意識を失った猛剣は、そのまま地に倒れこむわけだが・・・

武神・愚地独歩は、その体をそっと抱きかかえ、地に背中をつけることを防いだ。

 

「持って帰るンだぜ、いい医者知ってンだ」

 

その手に握られていたのは猛剣の落とされた耳だった。

 

バキ道 66話/感想

いやぁ、予想に反して独歩が勝ちましたね!

これはもしかして、刃牙勢負けなしのままいくパターンのヤツなのかな。

大相撲全敗シナリオ・・・!?

 

大相撲を持ち上げまくっての、この仕打ちww

新しいかもしれないww

 

それにしても、独歩の優しさよ。

猛剣が大相撲のプライドを脱ぎ捨てて、あの体勢から挽回してたら、

まだ勝負わかんなかっただろうしね。

 

なんともはや、決して曲げなかった大相撲、力士としてのプライドを、

最後まで守ってあげた独歩を称賛したいですな。

 

次回に続く・・・!!

 

バキ道 67話はどうなる?

次って花山薫だっけ?克巳だったっけ?

まぁなんにせよ、面白い勝負であることは間違いないだろうね!


 

バキ道/関連記事

◇前回

【ネタバレ】バキ道 65話 「技師の引き出し」踏みつけはむしろ歓迎

バキ道 ネタバレ感想 65話 「技師の引き出し」 バキ道 65話 ネタバレ感想! 2020年6月25日(木)発売の週刊少年チャンピオン30号掲載!   ほんの少しの油断が命取り・・・ 独歩の右腕はもっ ...

続きを見る

 

◇次回

【ネタバレ】バキ道 67話 「おせっかい」

バキ道 ネタバレ感想 67話 「おせっかい」 バキ道 67話 ネタバレ感想! 2020年7月30日(木)発売の週刊少年チャンピオン35号掲載!   強い独歩が帰って来た! これで刃牙勢は2連勝・・・こ ...

続きを見る

 

◇まとめ

バキ道ネタバレ感想

オススメ記事

-バキ道ネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.