https://www.sirolog.com

弱虫ペダルネタバレ感想

【ネタバレ】弱虫ペダル 598話 「ゴールから見える2人!!」

更新日:

弱虫ペダル ネタバレ感想 598話 「ゴールから見える2人!!」

弱虫ペダル 598話 ネタバレ感想・考察!

2020年7月9日(木)発売の週刊少年チャンピオン32号掲載です。

 

ゴール前で結果を見守る弓射と雷音!!

果たして先に現れるのは想定どおり壱藤なのか!?

それとも坂道なのか!?MTB初レース最終局面!!

 

■前回 弱虫ペダル 597話 「名前のないエリア」はこちら

【ネタバレ】弱虫ペダル 597話 「名前のないエリア」

弱虫ペダル ネタバレ感想 597話 「名前のないエリア」 弱虫ペダル 597話 ネタバレ感想・考察! 2020年7月2日(木)発売の週刊少年チャンピオン31号掲載です。   ゴールまで残り400m!! ...

続きを見る

 

598話のネタバレ前半

ゴール前で結果を見守る弓射と雷音。

どちらが最初に最後のコーナーを曲がってくると見るか、弓射に尋ねる雷音。

すると、思いがけない答えが返ってきた。

 

「壱藤くんでしょ」

「い!?」

 

冷静に考えれば、確かに弓射の言うとおりではある・・・か。

アナウンスで大差を告げていたし、それをひっくり返す要素は、

悲しいかなありはしない・・・か。

 

とはいえ、自身がこのレースに引き込んでおいて、あまりに冷たいのではないかと雷音w

弓射は一言付け加える。

 

「”あのコーナーを曲がって出てくるのは”・・・てだけだヨン」

 

つまり、どちらが先にゴールするとは言ってない・・・と。

 

・・・・・

・・・

 

「ったく!何で雉の分も買ってやんなきゃなんないのよっ!!」

 

ブーたれながら自販機で飲み物を買う鈴音。

どうやら雷音に言われてパシられているようだ。

 

自転車をおりれば共に闘った仲間だから、飲み物もおごる・・・か。

実に雷音らしいな。

もっとも鈴音はそんな兄を甘いと見ているようだが。

 

まぁでもライバルってこんな感じだよなw

さて、予想に戻るが、弓射はコーナーを抜けた最後の直線・・・

距離にして180m・・・小さなアップダウンが一つあるが、平凡な道だ。

 

180m・・・これを”たった”180mと見るか、180mもあると見るか。

コーナーを曲がった時点で差が開ききっていれば、どう頑張っても挽回はできないが、

どうにかなるレベルの差であれば、まだ結果は判らないと。

 

なんにせよ、2人が見えてから出なければ、これ以上の予想は厳しい。

 

そんな中、雷音が壱藤の話を持ち出す。

雷音の認識では壱藤は弓射の弟子の位置づけのようだ。

 

フィールドでは壱藤が弓射リスペクトの、中々上手いヤツとして噂になってるそうだ。

雷音はソレを耳にして、弟子として認識しているようだが、実際には違うようだ。

 

もちろん壱藤からは何度もレースの勝ち方について聞かれたそうだが、

弓射は答えなかったようだな。


 


次のページへ >

オススメ記事

-弱虫ペダルネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.