https://www.sirolog.com

弱虫ペダルネタバレ感想

【ネタバレ】弱虫ペダル 597話 「名前のないエリア」

更新日:

弱虫ペダル ネタバレ感想 597話 「名前のないエリア」

弱虫ペダル 597話 ネタバレ感想・考察!

2020年7月2日(木)発売の週刊少年チャンピオン31号掲載です。

 

ゴールまで残り400m!!坂道はまだ勝負を諦めていない!!

名前のない最後のエリアこそが逆転できる可能性を秘めている!!

果たして坂道は壱藤に勝つことは出来るのか!?

 

■前回 弱虫ペダル 596話 「最後のセクション」はこちら

【ネタバレ】弱虫ペダル 596話 「最後のセクション」

弱虫ペダル ネタバレ感想 596話 「最後のセクション」 弱虫ペダル 596話 ネタバレ感想・考察! 2020年6月25日(木)発売の週刊少年チャンピオン30号掲載です。   壱藤は勝利を確信しながら ...

続きを見る

 

597話のネタバレ前半

名前のない最後のエリア・・・

ゴールまで残り400mのこのエリアこそが、坂道が全力でペダルを回せる最後のエリア!

 

観客も含め、壱藤自身、もう坂道の逆転はないと考えている今、

坂道だけが勝利を信じて全力でペダルを回す!!

 

あっという間に残り350m!!

ゴールに続く、この名前のないエリアは、小さな登りが一回あるくらいの平凡な道。

道幅も広くて、進路妨害されることもない。

 

このまま壱藤が背後の追い上げに気付かないうちに、出来るだけ差をつめておきたいところだ。

坂道に気付けば、当然向こうも加速するだろうからな。

出来るだけ差は詰めておきたいところだ。

小さな意識の違い・・・この事に気付けた事で、坂道は途中で諦めず、

この名前のないエリアに賭けることができた。

 

向こうはすでに勝ちを確信して気が緩んでいる。

つけ入る隙はまだあるはず・・・!!

優勝の可能性はまだ0じゃない!!

 

ゴールまでのこり300m!!

この先、ブレーキを使うことを禁じた坂道!!

攻めの姿勢MAXで追い上げる!!

 

残り250m!!

 

(見えた壱藤くん!!)


 


次のページへ >

オススメ記事

-弱虫ペダルネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.