https://www.sirolog.com

弱虫ペダルネタバレ感想

【ネタバレ】弱虫ペダル 595話 「十分な秒差」

更新日:

弱虫ペダル ネタバレ感想 595話 「十分な秒差」

弱虫ペダル 595話 ネタバレ感想・考察!

2020年6月18日(木)発売の週刊少年チャンピオン29号掲載です。

 

坂道の弱点を分析し、何処で勝負を仕掛けるべきか見極めた壱藤!

すぐに壱藤の狙いを汲み取り、坂道も苦手なエリアで無理をするが、

時すでに遅し・・・壱藤は己の勝ちを確信する・・・!!

 

■前回 弱虫ペダル 594話 「壱藤、吠える!」はこちら

【ネタバレ】弱虫ペダル 595話 「壱藤、吠える!」

弱虫ペダル ネタバレ感想 594話 「壱藤、吠える!」 弱虫ペダル 594話 ネタバレ感想・考察! 2020年6月11日(木)発売の週刊少年チャンピオン28号掲載です。   全力で逃げ切ろうとする壱藤 ...

続きを見る

 

595話のネタバレ前半

「小野田!!悪いがすでにオレは勝つための十分な秒差を手に入れた!!」

 

勝利を確信する壱藤。

その言葉は強がりでも何でもなく、今までの坂道の走りからはじき出された

確かな根拠・・・!

 

坂道も1周目の時よりもペースを上げ、必死に追い上げるが、

壱藤の背中は見えてこない・・・!!

 

坂道はこの差がついたのは”小さな意識の違い”が原因だという。

坂道が不得手とする超テクニカルエリア。

ここは出来るだけ丁寧に走り、タイムロスを少なくしようと考えた坂道。

 

一方の壱藤は、ここを最大の勝負どころと考えた。

二人のこの意識の違いが、今こうして大きな差となって現れている。

考えている時間は1秒もない・・・!

今はただ全力で前を追うのみ!!

 

怪我や危険を惜しまぬ乱暴な走りではあるが、ハイケイデンスを発揮しつつある坂道。

だが、何もない直線コースではない以上、一気に追いつくことは難しい。

 

壱藤とてバカではない。

坂道が怪我を恐れず無茶な走りをしていたことを見てしまったからな。

口ではマージンは十分といいつつも、決して油断はせず、ペースを落とさず更に突き放しにかかる!!

 

超テクニカルエリアを抜け、大曲がりに入るまで、残りコーナー3つ・・・!!

このまま今のペースを維持していけば、本当に勝てるかもしれないな・・・!!


 


次のページへ >

オススメ記事

-弱虫ペダルネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.