https://www.sirolog.com

バキ道ネタバレ感想

【ネタバレ】バキ道 62話 「究極の完成型」独歩優勢が怖すぎる!!

更新日:

バキ道 ネタバレ感想 62話 「究極の完成型」

バキ道 62話 ネタバレ感想!

2020年5月28日(木)発売の週刊少年チャンピオン26号掲載!

 

独歩の怒涛の乱打を真っ向から食らいながら反撃のチャンスを伺う猛剣!!

そしてついに、独歩の蹴りを捕まえた・・・!!

反撃開始なるか!?

 

■前回 第61話 「至福」はこちら

【ネタバレ】バキ道 61話 「至福」逸る独歩ッ興奮を抑えきれず

バキ道 ネタバレ感想 61話 「至福」 バキ道 61話 ネタバレ感想! 2020年5月21日(木)発売の週刊少年チャンピオン25号掲載!   関脇・猛剣に武者震いする独歩・・・ 念願の力人相手に全力を ...

続きを見る

 

62話のネタバレ前半

上半身を集中的にボコボコに殴られ、目もうつろな猛剣が、

独歩の顔面狙いの蹴りを両手でガッチリと掴むことに成功!

怒涛の攻めも、一旦ここで止まることに!

 

しかし、捕まれるや否や、独歩は左足で跳ぶッ!!

自身の体重をかけながら、足を掴んでいる猛剣のバランスを崩しにかかる!

そこから左足で猛剣の頭を蹴りにかかるのもいいだろう。

 

だが、猛剣も黙ってやられるはずもなく。

バランスを崩すどころか、独歩の右足を掴んだまま背負い投げ!!

独歩を地面に叩きつけようとする!!

 

ドッ!!

 

これに対し、独歩は両拳を地面に打ち込み、地面へ叩きつけられるのを防いだ。

こんな回避の仕方、そうそう出来るものではないだろう。

だって並の腕ならポッキリいってんで!?

 

独歩はそのまま前方宙返りで着地。

何事もなかったかのように正面きって構える!

 

『オーーーーーーッ!』

 

思わず観客席から驚嘆の声。

ここまでの闘い・・・

どう見ても独歩が優勢である。

 

「打たれる覚悟をした力士は倒れない。

 150キロを超える天才同士が、全力で頭をぶっつけ合うことで証明している。

 ・・・が、聞きしに勝るとはまさにこれ」

 

バキの力士の打たれ強さによる解説。

どうやら自身で思っていた以上の代物だったようだ。

 

確かに、あの独歩の怒涛の突きをアレだけ受けながら、

不動・・・!!

 

「地上、最も硬質なパンチだぜ。

 ブロックを砕き、タル木を切断し、焼けた鉄板をブチ抜く拳・・・

 目いっぱいの連打を喰らうも土付かず」


 


次のページへ >

オススメ記事

-バキ道ネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.