https://www.sirolog.com

バキ道ネタバレ感想

【ネタバレ】バキ道 60話 「独歩VS猛剣」ガチ力士のバケモノぶりを刃牙読者はまだ知らない

投稿日:

バキ道 ネタバレ感想 60話 「独歩VS猛剣」

バキ道 60話 ネタバレ感想!

2020年5月7日(木)発売の週刊少年チャンピオン23号掲載!

 

いよいよ強い独歩が帰ってくるのか!?

と・・・思う一方で、また負け戦か・・・と嘆くファンも多い気がする。

もはや負け戦請負人になってる独歩が返り咲くことはできるのか!?

 

■前回 第59話 「先鋒戦、決着」はこちら

【ネタバレ】バキ道 59話 「先鋒戦、決着」独歩早くも敗北フラグww

バキ道 ネタバレ感想 59話 「先鋒戦、決着」 バキ道 59話 ネタバレ感想! 2020年4月23日(木)発売の週刊少年チャンピオン21+22号掲載!   渋川の怒涛の攻めにより、ぶん投げられた巨鯨! ...

続きを見る

 

60話のネタバレ前半

刃牙勢控え室にて・・・

金竜山がホワイトボードの対戦表に星を付けている。

とてつもなく大きな一勝・・・と言ってる事からも、やはり彼は相撲サイドなのだろうな。

 

心の何処かでは力士の底力が勝っている・・・そんな裏の感情が観戦中も随所に見られたからね。

やはり元横綱だし、思うところはあるのだろう。

 

つーか・・・今に始まったことではないが、刃牙勢のまとまりの無さよww

誰一人として金竜山の話聞いてねぇッッ!!

切なすぎる金竜山ww

 

刃牙と克巳は、試合を終えたばかりの渋川老に話しかけている。

 

「勉強させていただきました。

 しかも体重差は6倍・・・」

 

驚嘆する克巳だが、一方で当の本人は、恥をかいたと嘆いている。

まぁ合気を武器にこれまでやってきた男が、その最大の武器を真っ向勝負でねじ伏せられたわけだからな。

勝負には勝てたが、心境としては複雑なんだろう。

「神話的・・・そう言われるだけの神懸りな膂力、

 ド肝抜かれました」

 

刃牙にそれを言わせるかぁ。

範馬勇次郎と相対し、鬼神の如き力を、その身で味わってるわけだよなぁ。

単純な瞬間的に発する”力”という観点においては、範馬勇次郎を凌ぐのだろうか?

 

総合力においては勇次郎に勝っているとは考えにくいだろうけど、

1分に満たない時間で出せる瞬間的な力においてはあるいは同等・・・それ以上なのか。

 

やはりこれまで刃牙を読んできた読者にしてみれば、

力士の強さのモノサシが、金竜山にどうしてもなる故に、

力士=雑魚といった結論に達するのかもしれないが、このバキ道においては、

その評価を覆すものとなることは、もはや明白・・・

 

我々も今一度、力士というものの本当の実力に目を向けるべきなのだろうな。

それを再認識させる上でも、この試合・・・独歩と猛剣の試合は見ものだな。


 


60話のネタバレ後半

「相手の力を無力化する『合気』を『力』で返す・・・

 大関・巨鯨、『人類初』・・・とか讃えられちゃいたが・・・

 あの『力』・・・力人と呼ばれる力士にとっちゃ、特別でも何でもねぇ・・・」

 

当然の嗜みなのかもしれんぜ

 

その可能性は大いにあるだろうなぁ。。

 

そして、いよいよ二陣の試合が幕を開ける。

関脇・猛剣・・・身長177cm 体重161kg

 

対するは

愚地流空手・愚地独歩・・・身長178cm 体重110kg

 

身長差はほとんど無いが、体重差は50kgか・・・

果たしてどういう闘いを展開するのか?

猛剣は、相撲博士の異名をとるほどの研究家だそうだ。

さらには『技師』と称されるほど、技量は角界一。

 

しかし、技という観点でいえば独歩も負けちゃいないだろうね。

三戦・散眼・廻し受け・・・

その拳から放たれるのは打・斬・圧・・・まさに万能凶器。

 

独歩が変な気を起こさずに空手に徹すれば、負ける要素はあんまり無いような気がするんだがなぁ・・・

 

人体急所も知り尽くしてるだろうし、

力士の打たれ強さとかも関係なくボコボコに出来る気がするんだが・・・

 

両雄は闘技場中央から一旦、両サイドに散り・・・ここで試合開始の太鼓が鳴る。

前進する独歩とは反対に、猛剣はその場で腰を割る。

やはり力士は力士の戦い方ということか。

 

ならば独歩もまた空手で挑むべきとこだが・・・

うーん・・・変に相撲で勝負仕掛けそうな気もしないでもない。

 

バキ道 60話/感想

なんだァ?てめェ・・・みたいな名言がまた生まれるのかな。

いやぁ・・・個人的には独歩凄い好きだし、負けキャラで定着するのが凄い嫌だから、

本音を言えばここらで勝ってほしいところなんだけどね。

 

てか、スペックを見ても独歩は決して弱くはないだろう?

相手が悪かっただけやねん・・・

 

でもなぁ・・・

嫌な予感は拭い去れないのよね。

 

次回に続く・・・!!

 

バキ道 61話はどうなる?

独歩もかなり性格が悪いからなぁ・・・

でもそれを踏まえた上で、一度相撲勝負を仕掛けるんじゃないかと見るのだがどうだろうか?

現役の力士とガチ相撲やれる機会なんて、まずないわけだしなぁ。

 

んでもってぶっとばされて、空手を持ち出す展開になるんじゃないかねぇ。

それともいきなり全力でぶちかましにいくのかな・・・

それはそれで小物感が出て嫌なんだがw


 

バキ道/関連記事

◇前回

【ネタバレ】バキ道 59話 「先鋒戦、決着」独歩早くも敗北フラグww

バキ道 ネタバレ感想 59話 「先鋒戦、決着」 バキ道 59話 ネタバレ感想! 2020年4月23日(木)発売の週刊少年チャンピオン21+22号掲載!   渋川の怒涛の攻めにより、ぶん投げられた巨鯨! ...

続きを見る

 

◇次回

 

◇まとめ

バキ道ネタバレ感想

オススメ記事

-バキ道ネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.