https://www.sirolog.com

鬼滅の刃ネタバレ

鬼滅の刃 ネタバレ感想 203話 「数多の呼び水」

更新日:

鬼滅の刃 ネタバレ感想 203話 「数多の呼び水」

鬼滅の刃 203話 ネタバレ感想!

2020年4月27日(月)発売の週刊少年ジャンプ21+22号掲載!

 

暴走する炭治郎と、決死の想いで助けようとする禰豆子。

そして、炭治郎の攻撃を掻い潜り、命懸けで薬を打ってくれたカナヲ・・・

皆、炭治郎を救いたい一心での行動・・・果たして炭治郎はこの想いに報いる事ができるのか?

 

■前回 第202話「帰ろう」はこちら

鬼滅の刃 ネタバレ感想 202話 「帰ろう」禍々しき鬼と化した炭治郎を禰豆子の愛が救うのか!?

鬼滅の刃 ネタバレ感想 202話 「帰ろう」 鬼滅の刃 202話 ネタバレ感想! 2020年4月13日(月)発売の週刊少年ジャンプ20号掲載!   無惨の最後っ屁で鬼にされてしまった炭治郎! 太陽を克 ...

続きを見る

 

203話のネタバレ前半

『お兄ちゃん帰ろう。家に帰ろう』

 

禰豆子の切なる想いは、生死を彷徨う炭治郎にも届いていた。

そして、思いは一つ・・・”帰りたい”

 

炭治郎は厳しい闘いの果てに心身ともに疲れ果て、今にもその命の灯火は消え去ろうとしていた。

そんな中で炭治郎は涙ながらに神に祈る。

 

”どうか家に帰してください”

 

それほど多くの事は望まない。

ただ、妹と・・・禰豆子と家に帰りたい・・・それだけの願い。

 

しかし、その願いを嘲るかのように、炭治郎の伸ばした手に絡みつく悪意。

 

『帰ってどうなる。

 家族は皆死んだ。死骸が埋まっているだけの家に帰ってどうする』

 

炭治郎の体内に潜む、無惨の残りカスが炭治郎を絶望させようと必死だ。

 

(思い出が残ってるあの幸せな日々は、俺と禰豆子がいる限り消えない。

 だから帰る)

 

『無意味なことをするのはよせ。

 禰豆子は死んだ。お前が殺した』

 

この期に及んで嘘までつくか。

しかし、炭治郎はこれをすぐに嘘だと見抜く。

禰豆子の声が届いていた・・・それが嘘だという何よりの証拠。

 

炭治郎を現世に戻さんと、今は亡き家族の魂たちが、炭治郎を押し上げる。

『余計な真似をするな亡者共。

 血の匂いがするだろう仲間たちの。

 お前がやったのだ。

 

 恨まれているぞ。

 誰もお前が戻ることを望んでいない』

 

それでも炭治郎の思いは変わらない。

帰って、そして皆を傷つけたことを謝りたいと願う。

 

『謝っても許されない』

 

(それはお前が決めることじゃない。

 みんなが俺を心配してくれてる。

 匂いでわかる)

 

『黙れ。お前は私の意志を継ぐ者』

 

炭治郎の腕に絡み付いていた無惨の残りカスが、いよいよ無惨の体を形成し、

 

炭治郎の胸倉や髪を掴み、ダメ押しの呪言を唱え続ける。

 

『前を向くな。

 人を信じるな。

 希望を見出すな。

 

 鬼でなくなれば数年の内に死ぬのだぞ。

 痣の代償を払わねばならぬ』

 

痣が発現したものは短命ってのは確かだったか。

 

『自分のことだけを考えろ。

 目の前にある無限の命を掴み取れ』


 


203話のネタバレ後半

(嫌だ。俺は人間として死ぬんだ。

 無限の命なんか少しも欲しくない。

 いらない。

 みんなの所に帰りたい)

 

『屑め。

 お前だけ生き残るのか?

 大勢の者が死んだというのに。

 お前だけが何も失わず、のうのうと生き残るのか?』

 

力強い表情で天に向かい手を伸ばす炭治郎だったが、

無惨の言葉で、その表情はゆがみ、涙が零れ落ちる・・・

 

諦めかけたその時だった。

炭治郎の背を押し上げる散っていった柱たちの腕。

 

『こんなものお前の妄想だ。

 恥を知れ!やめろ!!』

 

(しのぶさんの匂いがする・・・いや・・・これは・・・

 藤の花の匂いか・・・)

 

炭治郎の伸ばす腕の先には藤の花の園が・・・

そして、その藤の花から両の腕が伸びてきて炭治郎の伸ばす手を掴んだ。

 

”お兄ちゃん帰ろう”

 

他でもない禰豆子の暖かい手だった。

『手を放せ!!こっちに戻れ!!

 太陽すら克服したというのに!!

 

 お前は類稀なる生物なのだ!!

 そっちに行くな炭治郎!!』

 

必死に止めようとする無惨。

今の残りカスには精神的に炭治郎を追い詰める力しかない。

しかし、この状況で、今更絶望する炭治郎ではない。

 

それでも無惨は諦めずに呪言を垂れ流す。

 

『死んだ者達の憎しみの声が聞こえないのか!!

 何故お前だけが生き残るんだと叫んでいるぞ。

 何故自分たちは失ったのにお前だけが・・・』

 

炭治郎にはよく分っていた。

そんな人はいないと。

 

散っていった仲間たちは皆、

自分ではない誰かのために命を懸けられる人たちだった。

 

自分たちが苦しい思いや悲しい思いをした分、

それを他の人達に味わって欲しくはなかった人たちだった。

 

『炭治郎待て!!待ってくれ頼む!!

 私の意志を!思いを継いでくれお前が!!

 お前にしかできない!!お前は神に選ばれし者だというのがわからないのか!!

 

 お前ならなれる!!

 完璧な・・・究極の生物に!!』

 

無惨の必死の説得だったが、すでに炭治郎の耳には入っていなかった。

禰豆子に続き、二人の手が炭治郎の腕を掴む・・・

伊之助と善逸だとすぐに理解した炭治郎。

 

『炭治郎戻って来い』

『絶対負けるな。こっちだ炭治郎』

 

”帰ろう。家に帰ろう”

 

二人に続き、藤の花の園から伸ばされた仲間たちの無数の腕が、

炭治郎の体を掴み、引き上げていく。

 

『炭治郎!!炭治郎行くな!!

 私を置いて行くなアアアアアア!!』

 

・・・・・

・・・

 

藤の花に包まれる感覚・・・

そんな夢見心地から炭治郎が目覚めると、

そこには自分を取り囲む仲間たちの姿があった。

 

「お兄ちゃん!」

「・・・ごめん。怪我・・・大丈夫・・・か・・・」

 

涙ながらに見下ろす禰豆子。

その傷ついた顔を見て、自身のやったことや、生きて帰れたこと、禰豆子の無事など

様々な感情の波が押し寄せ、自然と涙が溢れる炭治郎。

 

「戻ったああああ!!炭治郎だあああああ!!」

 

優しい炭治郎が戻ってきた。

皆、涙ながらに炭治郎の帰還を喜んだ。

 

「お前にやられた傷なんか・・・たいしたこと・・・ねえぜ・・・」

 

と、メチャクチャハァハァ言いながら血みどろの伊之助w

最後まで伊之助らしく強がっているようだ。

 

「俺は・・・一生かけて・・・償ってもらうから・・・

 妻の分も・・・」

 

と、こちらも実に善逸らしい。

すでに妻扱いされる禰豆子は動揺しきり。

やはりフラれる運命にあるのか善逸。

 

冨岡義勇はようやく安心したといった表情か。

今まで見せた事のないような気の緩みっぷりだ。

 

笑顔で涙し、顔を寄せ合う炭治郎と禰豆子。

本当によかった。

 

そして、実は何より喜ばしかったのが、カナヲの生存。

よかった・・・生き延びてくれたんだな。

 

倒れる両者だが、互いの無事を確認し、笑みを浮かべる。

よかったなぁ。本当によかった。

 

みんなの喜ぶ中に混じりたいだろうが、一人混じれずにいる人物が一人。

愈史郎である。

 

「はー・・・。

 ふん。お前は死なないと思ってた」

 

涙ぐみながら炭治郎の帰還を喜ぶ愈史郎。

 

「珠世様・・・終わりましたよ・・・」

 

この二人の力もあってこその勝利・・・

いやはやホント、みんなが一丸となって挑んだ結果だよね。

失われた命も多かったけど、これできっと報われる。

 

鬼滅の刃 203話/感想

よかったなぁ。

ハッピーエンドが迎えられそうで本当によかった。

禰豆子と炭治郎の笑顔が本当によかったなぁ。

 

次回に続く・・・!!

 

鬼滅の刃 204話はどうなる?

いよいよ最終回に向けてクライマックスか。

もう最後くらい悲しみはナシの方向で頼むぞ!


 

鬼滅の刃/関連記事

◇前回

鬼滅の刃 ネタバレ感想 202話 「帰ろう」禍々しき鬼と化した炭治郎を禰豆子の愛が救うのか!?

鬼滅の刃 ネタバレ感想 202話 「帰ろう」 鬼滅の刃 202話 ネタバレ感想! 2020年4月13日(月)発売の週刊少年ジャンプ20号掲載!   無惨の最後っ屁で鬼にされてしまった炭治郎! 太陽を克 ...

続きを見る

 

◇次回

鬼滅の刃 ネタバレ感想 204話 「鬼のいない世界」

鬼滅の刃 ネタバレ感想 204話 「鬼のいない世界」 鬼滅の刃 204話 ネタバレ感想! 2020年5月11日(月)発売の週刊少年ジャンプ23号掲載!   生還を果たした炭治郎。 多くの犠牲を払いなが ...

続きを見る

 

◇まとめ

鬼滅の刃ネタバレ

オススメ記事

-鬼滅の刃ネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.