https://www.sirolog.com

鬼滅の刃ネタバレ

鬼滅の刃 ネタバレ感想 202話 「帰ろう」禍々しき鬼と化した炭治郎を禰豆子の愛が救うのか!?

更新日:

鬼滅の刃 ネタバレ感想 202話 「帰ろう」

鬼滅の刃 202話 ネタバレ感想!

2020年4月13日(月)発売の週刊少年ジャンプ20号掲載!

 

無惨の最後っ屁で鬼にされてしまった炭治郎!

太陽を克服し、無惨を越える鬼の王として覚醒した炭治郎を、

仲間たちは救うことは出来るのか!?

 

■前回 第201話「鬼の王」はこちら

鬼滅の刃 ネタバレ感想 201話 「鬼の王」予想された最悪の展開へ!炭治郎鬼化!!

鬼滅の刃 ネタバレ感想 201話 「鬼の王」 鬼滅の刃 201話 ネタバレ感想! 2020年4月6日(月)発売の週刊少年ジャンプ19号掲載!   無惨は倒れた・・・しかし、炭治郎死亡という結末に心が痛 ...

続きを見る

 

202話のネタバレ前半

伊之助に襲い掛かる炭治郎・・・!!

これまで生死を共にしてきた仲間を・・・友を斬ることが出来ない伊之助は、

このまま炭治郎に食いつかれてしまうのか!?

 

瞬間・・・!!

伊之助と炭治郎に何者かが飛び込んできた。

 

揺れる漆黒の長髪・・・

それは紛れもなく、人間に戻った禰豆子だった。

 

伊之助に敵意を剥き出しにする炭治郎を正面から抱きしめる禰豆子。

炭治郎の鋭い爪が禰豆子の背中に食い込み、血が吹き出る。

それでも禰豆子は決して炭治郎を放さない。

 

「お兄ちゃん!ごめんね・・・ずっと私、何もわからなくなっててごめんなさい。

 お兄ちゃん独りに全部背負わせたね。

 

 どうしていつもお兄ちゃんばっかり苦しいめにあうのかなあ。

 どうして一生懸命生きてる優しい人達が、いつもいつも踏みつけにされるのかなあ。

 

 悔しいよお兄ちゃん負けないで。

 あともう少しだよ。鬼になんてなっちゃだめ。

 帰ろう・・・ね。家に帰ろう」

 

涙ながらに訴える禰豆子。

炭治郎の表情に変化こそ見られないが、動きが止まっているようにも見える。

 

「グオオオオオオオ!!!」

 

激しい咆哮と共に、禰豆子の背中に食い込む炭治郎の爪が、

ガリガリと音を立て肉を引き裂き始めた!!

激しい痛みが禰豆子を襲う!!

 

そして、禰豆子を抱えたまま駆け出そうとする炭治郎!!

それを今度は善逸が抱きしめて止めようとする!!

「炭治郎やめろーーっ!!禰豆子ちゃんだぞ!!

 元に戻ってる!元に戻ってる!!

 こんなことしたら死んじゃうよ!!お兄ちゃんて呼んでるだろ!!」

 

そんな善逸の呼びかけにも炭治郎はまるで応じることはなく叫ぶのみ・・・

 

「やめろーーーっ!!」

 

今度は伊之助が炭治郎の頭を思い切り叩く。

 

「ガーガー言うな!!禰豆子に怪我とかさせんじゃねぇ!!

 お前そんな・・・そんな奴じゃないだろ!!

 あんなに優しかったのに・・・!!

 元の炭治郎に戻れよォオオオ!!」

 

伊之助も涙ながらに炭治郎をボコスカ殴る。

しかし、それでも炭治郎は止まることはない!!

 

「ガアッ!!」

 

凄まじい衝撃波が炭治郎を中心に全方位に放たれる!!

これに弾き飛ばされる善逸と伊之助!!

 

禰豆子だけはそれでも決して炭治郎を放さず抱きしめたままだ・・・!!


 


202話のネタバレ後半

炭治郎の激しい咆哮の次の瞬間・・・

なんと禰豆子の肩に噛み付く炭治郎!!

 

人間の血を味わうことで、その影響は瞬時に体に現れる。

背中より骨と、黒く連なる楔のようなものが飛び出している。

その姿は、より一層鬼らしさを増していた。

 

「お兄ちゃん負けないで!お兄ちゃん・・・!!」

「ハァッ!ハァッ!!」

 

炭治郎の表情に僅かだが変化が見られる。

苦しんでいる・・・?

禰豆子の言葉が届いているのか・・・?

 

「だめ!!」

 

炭治郎の背から飛び出た太く長い骨と、細く長い骨が撓りながら物凄い速さで善逸を襲う!!

 

水の呼吸・肆ノ型 打ち潮!!

 

炭治郎の攻撃を何とか冨岡義勇がいなす!!

しかし、すでに冨岡義勇も限界なのだろう。

刀を握る手が震えている。

 

(禰豆子を噛んだ!!血の味を覚えてしまった・・・もうお終いだ・・・!!

 早く!!早く炭治郎を殺さなければ人を殺す前に!

 だが・・・日光も赫い日輪刀も炭治郎には効かない。

 殺す方法がない・・・!!

攻撃を弾かれた炭治郎は、今度は大きく口を開ける!!

すると、大きく開けた口の前にエネルギーが集束していくではないか!!

 

「!!」

 

これは波動砲のような攻撃が放たれるのか!?

直線上の冨岡義勇がまずい!!

 

「誰も殺さないで!!お兄ちゃんお願い!!」

 

禰豆子の涙の訴えも、今の炭治郎には届かないのか・・・

 

「やめて!!」

 

ドギャッ!!

 

なんということだ・・・

禰豆子は炭治郎の口の前に自身の掌をあてがい、炭治郎が放とうとしていた攻撃を、

まともに食らってしまった。

 

噴射口を閉じた形になったため、放たれた波動は冨岡義勇を反れはしたものの、

禰豆子の手は無事ではすまないだろう。

 

「わあああ禰豆子ちゃん!!」

 

泣き叫ぶ善逸・・・

禰豆子の左手は血まみれだ・・・

爪は剥がれ落ち、肉が裂け血が吹き出ている。

 

四つんばいになり再び攻撃の態勢をとる炭治郎!!

 

「だめ!!もう今のやったらだめ!!」

 

禰豆子は尚も炭治郎を抱きしめ、攻撃を辞めさせようとするが、

お構いなしに新たな攻撃を放つ炭治郎!!

 

「嫌だ嫌だ!!禰豆子ちゃん離れて!!

 炭治郎やめてくれ頼む!!」

「たん・・・じろ・・・ねず・・・」

 

すでに善逸も伊之助も止めに入れる状態ではない。

今動けるのは冨岡義勇のみ・・・

その義勇も炭治郎の背から放たれた鞭のように撓る骨の対処で精一杯のようだ。

 

そんな中、義勇の頭に疑問が浮かんでいた。

何故、炭治郎は禰豆子を殺さないのか?

 

血の滴る獲物が目の前にぶらさがっているというのに、一切手を出そうとしない。

鬼の本能的に、不可解な状況であるのは間違いない。

 

(抗っているのか炭治郎お前も。

 炭治郎の自我を取り戻すことができれば・・・!!

 しかし、そんな奇跡が容易く起こせるのか俺に・・・!!)

 

この状況を建物の陰から見守る愈史郎。

愈史郎は無傷ではあるものの、鬼であるが故に、日光に身を晒せない歯がゆい状況にあった。

 

太陽の下では血鬼術も塵と消えるため、

残念ながら、すでに愈史郎に出来ることは何もなかった。

 

「!?」

 

そんな中、愈史郎の目の前をカナヲがフラフラで横切っていった。

カナヲとて無惨に腹を貫かれ、決して戦える状況ではない。

おまけに刀も持っていないではないか。

 

「炭治郎・・・禰豆子ちゃん・・・可哀想に・・・」

 

カナヲは懐に入れた筒を確認・・・割れていない事を確かめた。

この筒には、決戦前・・・胡蝶しのぶから受け取った薬が入っている。

 

禰豆子を人間に戻すために藤の花から作った人間戻りの薬・・・

珠世がすでに3つ作ったため、しのぶが作ったものはカナヲに預けられたようだ。

 

『”あの人”は・・・凄い方です。尊敬します』

 

鬼である珠世を”人”として賞賛していた胡蝶しのぶ。

 

「私の目を片方残してくれたのは、このためだったんだね姉さん」

 

涙をこぼすカナヲ。

これは覚悟の涙・・・やれるのか・・・!?

 

(鬼になってすぐだから、今ならまだ片目でも炭治郎の攻撃を掻い潜れるはず)

 

花の呼吸・終ノ型 彼岸朱眼

 

カナヲの左目が朱く染まる・・・!!

 

「!?(胡蝶の・・・!!)」

 

横を駆け抜けるカナヲに気付く義勇!

 

カナヲは炭治郎の背後から迫るが、接近に伴い炭治郎もこれを察知!

すぐに炭治郎が腕を振り回し、カナヲの顔面を狙う!!

 

結果・・・

 

炭治郎の鋭い爪はカナヲの胸を引き裂いた。

と、同時にカナヲは薬を炭治郎の背中に突き刺すことに成功・・・

 

「炭治郎だめだよ・・・早く戻ってきて。

 禰豆子ちゃん泣かせたらだめだよ・・・」

 

『禰豆子・・・』

 

ドサッ・・・

 

「カナヲちゃん」

 

散ったカナヲ・・・直立不動の炭治郎・・・

頼む・・・薬よ効いてくれ・・・!!

 

これがラストチャンス・・・!!

 

ドクン・・・!!

 

炭治郎帰って来い・・・!!

 

鬼滅の刃 202話/感想

いやぁ・・・とてつもなく辛い話になってきたな・・・

もしこれで炭治郎が元に戻ったとしても、カナヲが引き換えに命を落としたとしたら、

炭治郎的にはとてもやりきれない思いだろうな。

 

カナヲ生存じゃないなら結局バッドエンドだよなぁ。

ホンマ辛すぎるけど、なんとか綺麗には終われそうだよね。

 

これでなお終焉後に炭治郎の体内に無惨細胞が残ってて覚醒を匂わせて終わったら

ほんまもんのバッドエンドやけども・・・

 

流石にそこまで悲惨な話にはしないやろ。

ここまで悲しい物語なら、最期くらい幸せな道しかないまま終わって欲しいよね。

 

次回に続く・・・!!

 

鬼滅の刃 203話はどうなる?

恐らく炭治郎の葛藤、仲間たちの最期の呼びかけ、炭治郎戻ってくる・・・

カナヲ死にかけ、炭治郎との最期の会話・・・カナヲ死す・・・終わり。

みたいな流れになるのかな。

 

出来ることならカナヲに生きて欲しい。

カナヲの生死が、まさにハッピーエンドとバッドエンドの分岐点だな。


 

鬼滅の刃/関連記事

◇前回

鬼滅の刃 ネタバレ感想 201話 「鬼の王」予想された最悪の展開へ!炭治郎鬼化!!

鬼滅の刃 ネタバレ感想 201話 「鬼の王」 鬼滅の刃 201話 ネタバレ感想! 2020年4月6日(月)発売の週刊少年ジャンプ19号掲載!   無惨は倒れた・・・しかし、炭治郎死亡という結末に心が痛 ...

続きを見る

 

◇次回

鬼滅の刃 ネタバレ感想 203話 「数多の呼び水」

鬼滅の刃 ネタバレ感想 203話 「数多の呼び水」 鬼滅の刃 203話 ネタバレ感想! 2020年4月27日(月)発売の週刊少年ジャンプ21+22号掲載!   暴走する炭治郎と、決死の想いで助けようと ...

続きを見る

 

◇まとめ

鬼滅の刃ネタバレ

オススメ記事

-鬼滅の刃ネタバレ

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.