https://www.sirolog.com

バキ道ネタバレ感想

【ネタバレ】バキ道 56話 「達人の底力」勝ち目なしッッ!!

更新日:

バキ道 ネタバレ感想 56話 「達人の底力」

バキ道 56話 ネタバレ感想!

2020年3月26日(木)発売の週刊少年チャンピオン17号掲載!

 

巨鯨と真正面から組み合う渋川・・・!!

そして脅威の瞬間は訪れる!!

自身の4倍はあろうかという巨体を投げ飛ばした!!?

 

にわかには信じがたい事態・・・しかし、あの巨鯨が簡単に投げられるのか!?

 

■前回 第55話 「年の功」はこちら

【ネタバレ】バキ道 55話 「年の功」合気の真髄ッッ!!

バキ道 ネタバレ感想 55話 「年の功」 バキ道 55話 ネタバレ感想! 2020年3月19日(木)発売の週刊少年チャンピオン16号掲載!   ついに合気敗れたりッッ!! 魔法・秘術とも詠われた、あの ...

続きを見る

 

56話のネタバレ前半

いつもの如く、一旦戦いから離れ、渋川老のインタビューからの幕開け。

氏いわく、合気とは”天才の領域”らしい。

解らない奴には一生解らない・・・そういう代物だと語る。

 

近代スポーツにおける、スピード・筋力・スタミナ・・・

そういったスポーツ的な視点からは”合気”は無関係だという。

 

「近代スポーツからは本質には近付けねぇよ」

 

確かに、渋川老を見ればそれも納得か。

スピードが格別なわけでも、筋力が人並み外れているわけでも、ましてスタミナがあるわけでもない。

それでいて合気の達人・・・

 

やはり合気というものはそれらとはかけ離れた場所にある、

まさに”天才”しか踏み込めぬ領域にある秘術なのだろう。

 

そんな渋川老が、いつ合気の本質にたどり着いたのか?

 

「初っぱなからだよ」

 

血気盛んだった若かりし小僧時代。

当時の合気の達人に対し挑み、そして合気を身をもって知ったあの日・・・

 

小便を漏らしながら小僧は感動していた。

 

「嗚呼・・・こんな技術があったンだ・・・って」

そんな渋川老につっかかるインタビュアー。

 

「ん?人体的に有り得ない技術だァ・・・?

 アンタを投げて見せてもいいが、アンタ人体の何を知ってる」

 

と、語った上で『カッカッカッ』と笑ってみせる渋川老。

 

「まァ人体なんて誰も知っちゃないけどな」

 

と、付け加えた。

医者だろうが、渋川老自身だろうが、人体の不可思議を解き明かすことはできない・・・か。

 

「ただ・・・」

 

人体である以上は必ずしてしまう反応、起きてしまう反射、

こればかりはどうにもしょうがない・・・と補足。

 

意思とは関係なく、目にしぶきが飛んでくれば、咄嗟に目をつぶってしまう。

椅子に腰掛けた状態で膝こぞうを叩けば、勝手に足が動いてしまう。

それらを例にあげる。

 

「デカいも小ッちゃいも関係ねぇ」

 

そこにつけ込む


 


56話のネタバレ後半

話は渋川老が巨鯨を投げ飛ばそうとする場面に戻る。

まわしに手をかけ、渋川の小さな体で、巨鯨を投げようとする・・・まさにその瞬間だ。

 

巨鯨の左足は天高くあがり、上半身は地面に向けて前傾姿勢。

かろうじて右足が地面についている形。

 

普通の力士であれば、このままバランスを崩し、頭から地面にキスして終わりだ。

しかし、相手は巨鯨。

並みの力士ではない。

 

巨鯨のあごが地面につくかつかないか・・・

そんなギリギリの段階で、それは起きた。

 

巨鯨は思い切り頭を地面に向けて加速させると、地面スレスレで上体を起こしたのである。

そして、そのまま左足は着地・・・ことなきを得たではないか。

普通では考えられないリカバリー。

 

まぁ・・・すでにこの試合の中で、巨鯨の巨体に似合わぬ身体能力は

幾度も見てきた故に、別段不思議ではないのだろうが。

 

流石の巨鯨も一瞬ヒヤリとしたか。

 

だが、巨鯨に安心をさせる暇は与えない。

再び巨鯨のまわしにかけた渋川老の手に力が込められる。

 

瞬間的に両足に走る違和感。

幾度も味わった”例のアレ”がまた来たかと。

 

ヤバイと感じた巨鯨は腰を割り、踏ん張ると共に、渋川老の両腕に手をまわし、

自身の左手首を右手で掴むことで渋川老を完全ロック。

 

合気相撲 VS 剛力相撲!!

 

逃げも隠れもしない真っ向勝負・・・!!

傍から見てると、ヤラセにしか見えないような踏ん張りあい。

 

だって、どうみても、あれだけの巨漢が、あの小さな爺さんを

全力で持ち上げようとして踏ん張ってる。

それに爺さんは耐えちゃってるんだからね。

 

「ああぁッッ!!」

 

巨鯨の全身を包み込む合気!

それに踏ん張りをかける巨鯨!!

 

巨鯨の剛力が勝るのか、その力を利用した合気が勝るのか!?

まさに気合一閃・・・ッッ!!

 

こう着状態から程なくして、異変が・・・

ああ・・・渋川老のまわしを掴む両手から力が抜けていく・・・

 

渋川老の握力が尽き、まわしから手が離れた直後・・・

巨鯨の剛力により、渋川老は”引っこ抜かれた”。

 

腰を割っていた巨鯨が思い切り背伸び、爪先立ち!

持ち上げられた渋川老!

その視点は3mほどの高さか。

 

またしても合気の敗北。

そして巨鯨は再び渋川老を放り投げた。

なんてやさしいんだ。

 

そのまま地面に叩きつけ、踏みつければ、それで試合は終わるだろうに。

あくまでも大相撲・・・力士の誇りを持った男よ。

まぁ・・・殺しても洒落にならんってのはあるんだろうけどねw

 

バキ道 56話/感想

ここまでやって負けた以上、渋川も潔く敗北を認めればええんだけどなぁ。

まぁ本来スゲェ勝気なジジイ故に、キレたら人格変わるでなw

どうなるかわからんが・・・

 

正直この流れはもう飽きてきてはいるよね。

合気かける→剛力勝つ→投げ飛ばす→組み合う→無限ループ。

 

そろそろ決着つけて欲しいけど、おそらく次号も決着つかずだな。

 

次回に続く・・・!!

 

バキ道 57話はどうなる?

渋川老着地からの次の一手・・・もしくは逆ギレ展開か?

いずれにしても老害といわれる前に試合を終わらせたほうがいい気がするが。


 

バキ道/関連記事

◇前回

【ネタバレ】バキ道 55話 「年の功」合気の真髄ッッ!!

バキ道 ネタバレ感想 55話 「年の功」 バキ道 55話 ネタバレ感想! 2020年3月19日(木)発売の週刊少年チャンピオン16号掲載!   ついに合気敗れたりッッ!! 魔法・秘術とも詠われた、あの ...

続きを見る

 

◇次回

【ネタバレ】バキ道 57話 「これ以上は」渋川逆ギレモード全開ッッ!!

バキ道 ネタバレ感想 57話 「これ以上は」 バキ道 57話 ネタバレ感想! 2020年4月2日(木)発売の週刊少年チャンピオン18号掲載!   幾度と無く合気を仕掛ける渋川老・・・ しかし、巨鯨の剛 ...

続きを見る

 

◇まとめ

バキ道ネタバレ感想

オススメ記事

-バキ道ネタバレ感想

Copyright© しろログ~ネタバレブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.